とあるイヤホンで驚愕の音場を手に入れた

先日、ひょんなことからゼンハイザーのIE-800というイヤホンに出会いました。某イベントのユーズドコーナーで500円ぐらいのイヤホンが並ぶ中、これだけがケースに入って何と4万円という値段。なぜこんなに高いのかと気になり、すぐ検索をしました。答えはすぐにわかりました。

このイヤホン、定価10万円オーバー。なのにレビューは絶賛の嵐。10万円以上の価値は充分にあるだとか、ものすごい音場感だとか、もっと早く買えばよかったとか、ほぼ褒め褒めレビュー。もちろん中には否定的なレビューもありましたがごく一部。あまりにも気になったのでその場で試聴させてもらうことに。出力はmp3データしか入ってないiPhone5s。その場がザワザワしてたことと圧縮データだったので、正直持っているイヤホンとそんなに違いがわかりませんでした。

IE-800画像 このケースには入って4万円の価格がついてました。

IMG_0463

このイヤホンの性能をおそらく活かしきってないと思い、特別にお借りして自宅で試聴させてもらうことに。自宅に帰ってHDDに録り溜めてあったWAVEデータの音源やCD、SACDなどを聴き比べました。

最初MacbookProで聴いたのですが素晴らしい音場感!今までイヤホンでは聴いたことがない解像感と音場感。いやはや凄まじい。小さなイヤホンでここまで鳴るのかと。その後PS3にて光出力で本格的なアンプを通して聴きました。思わず声を出して笑ってしまいました。

「なんじゃこりゃ!!」今まで聴こえなかった音がいっぱい聴こえる!音が滑らかでとてつもなく気持ちいい!

この時点で買おうかどうしようかと悩んでいた気持ちはどこかへ行ってしまい、お買い上げ決定。定価の10万円ならやはり悩みますが4万円なら間違いなく買い。ユーズドで出会ってなければ悩みに悩んだ末10万円でも買ってしまっていたと思います。それほどまでに素晴らしいバランスのいい音がしました。

IE-800画像 ケースに入っており、シリアルナンバーの刻印があります。

IMG_0460

私自身、学生時代から音楽大好きで当時バイトなどで得た収入のほとんどはAVにつぎ込んでました。AVといってもアダルトビデオではなくオーディオ&ビジュアルの方なので誤解のないよう(^_^;)学生時代のバイトはCDショップ。安く買えたりサンプルを貰えたり趣味と実益を兼ねたアルバイト。JPOPのCDは人気だったので取り合いでしたが、私が好みのクラシックやジャズは誰も見向きもしなかったので、ほぼ私がいただきました。

当時はスピーカーケーブル1m辺りびっくりするぐらいの値段(書くとひくので書きません)とかインシュレーターという鉄の固まりに五千円とか。ハイオーディオの世界は一旦ハマるときりがなくてヤバイわけで。

結婚してからは自由な時間とお金が減ったのでハイエンドオーディオからは少し遠ざかっていました。ごくたまに妻たちだけで実家に帰って時間に余裕があるときに聴くぐらいになってました。そんな耳が肥えた私を久しぶりに唸らせるオーディオアイテムに出会ったのです。しかも手軽にどこにいても素晴らしい音場が手に入る。

翌日早速購入し帰宅して今まで聴いたCDやらを片っ端から楽しみました。正直MacBook Proでもかなりいい音がします。iPhoneはノイズが多いのでイマイチでしたがiPodはかなりイイ。でも音圧が足りない感じがしました。色々調べるとポータブルアンプ(通称ポタアン)なるものが相当進化しており、iPodとポタアンだけでハイレゾ、ハイエンドオーディオを楽しめるとのこと。ただ、どれがいいか悩みに悩んで・・・。ま、この時が一番楽しいんですけど。何を選んだかはまた後日。

このゼンハイザーのIE-800で夜中にクラシックとかJAZZ聴くと最高の気分に浸れます。夏場は普通のオーディオヘッドホンは蒸れるので自宅でもイヤホンがオススメ。もし視聴できる環境があれば一度ぜひお試しください。「なんじゃこりゃー!」と驚愕すること間違いなし。

ほな!