広告やデザインに関わる全ての人が読んでおくべき3冊の本

仕事柄、広告やデザインに携わることが多々あります。本業は企画がメインですがモノを売る仕事なので広告を作ることも多くデザインに関わらざるを得ません。

デザイナーが作った広告を校正することもあれば、自分である程度DMなどを作ったりすることもあります。つい最近までは感覚的に得た知識でデザインなどをしていのですが、昨年秋から3冊のデザイン関連の素晴らしい本に出会い、デザインに関する知識が大きく進化しましたので紹介します。

FullSizeRender 122

まず最初に読んだのは“ノンデザイナーズ・デザインブック”。この本を読んでデザインについて論理的に知識を得ることができました。何となく感覚的に身につけていたことが体系的にそして論理的に解説されておりとても役立っています。海外の和訳本なので若干戸惑うこともありますが基本のデザインに関しては万国共通なので問題ないかと。

この本では近接・整列・反復・コントラストの4つの基本原則を解説しています。それぞれの原則について、具体的に良い例、悪い例を挙げて解説しており、しっかりと習得することができます。これらを知るだけで制作物が見違えるようなデザインなることでしょう。

Amazonの内容紹介から

本書は、デザインを正式には学んだことがないけれども、デザインする必要がある人たちのために書かれています。おしゃれな包装紙や長文のパンフレット、ポストカードなどをデザインするような人たちだけでなく、上司からビジネス文書を作るように指示された部下、自分で広告を作っている広報関係者やショップオーナー、見栄えのよいレポ-トを作成したい学生やビジネスパーソン、聴衆を惹きつけるプレゼンテ-ションを制作したい人、などなど、「デザイン」「レイアウト」に何らかの関わりのあり、かつプロフェッショナルではない人のための本なのです。 4つの基本原則を知るだけで、見違えるようなデザインに。コミュニケーションを強化する活字のアレンジについて、解説。デザインの基本原則を適用して、名刺、チラシ、パンフレット、広告、ウエブサイトなどをデザインする際のテクニックを解説。レイアウトデザインの基本書。

※レビュー数51件うち星5つ&4つが43件(2016年3月末現在)

 

2冊めは“なるほどデザイン”。こちらは著者が日本人なのでコンテンツはすべて日本語。カラーページも多くめちゃくちゃわかりやすい。デザインをする前に整理するべき点などデザインをする際に重要なポイントがもれなく書かれております。目で見て楽しむデザインの本とキャッチコピーがありますがまさにその通り。パラパラめくるだけでも楽しめます。手軽にデザインを総合的に学びたい方におすすめの一冊。今回の3冊の中では一番読みやすく楽しめます。

Amazonの内容紹介から

〜目で見て楽しむ新しいデザインの本!〜
「デザイン=楽しい」を実感できる新しいデザイン書籍。デザインする上で必要な基礎、概念、ルール、プロセスを図解やイラスト、写真などのビジュアルで解説しています。現場で活躍しているデザイナーが身近にあるわかりやすいものに例えたり、図解、イラスト、別のものに置き換えて見方を変えてみたり…。豊富なビジュアルとともにわかりやすくひも解いた、楽しみながらデザインのあれこれがわかる「なるほど!」と思える内容が盛りだくさんです!

※レビュー数21件うち星5つ&4つが21件(2016年3月末現在)

 

3冊目は“10倍ラクするIllustrator仕事術”。DTPデザインをする方はほぼAdobeのIllustratorを使っていると思いますのでこの本は必携。今まで独学で学び何となく我流で使っていた方には画期的な方法をたくさん知ることができるかと思います。私が知っていたのは数項目、それ以外は目から鱗なテクニックが満載でした。これらを知っているのと知らないのとでは圧倒的に効率が違ってきます。初心者には少し難しいかもしれませんが本の通り作業を進めれば習得できるはず。専門用語はググればなんとかなるかと思われます。上記2冊と比べて少々価格は高いですが簡単に元を取れます。

Amazonの内容紹介から

「ずっとIllustratorを使っていたけど、こんな便利なやり方や機能があるなんて知らなかった! 」
中級者以上をターゲットに、ツールの使い方などの基本操作を大胆にカットするという、これまでにない切り口で発売以来大好評の『10倍ラクするIllustrator仕事術』、待望のCreative Cloud対応版が登場! 前版からじつに45%ものボリュームアップを果たしました。「いつも面倒だなぁ」「もっとラクできないの?」そう思いつつ「とりあえず使えるから」と昔のやり方で遠回りしているあなたのために、「直しに強いデータの作り方」「使い回しと一括反映の方法」など、今どきのイラレ使いの新常識を、一線で活躍する著者陣がお教えします。

※レビュー数57件うち星5つ&4つが54件(2016年3月末現在)


 

FullSizeRender 121

1冊目の“ノンデザイナーズ・デザインブック”、2冊目の“なるほどデザイン”はデザインに携わる方は必携の“神本”なので絶対手元に置いておきましょう。3冊目の“10倍ラクするIllustrator仕事術”は多少でもIllustratorを触るのであれば読む価値あり。激的に作業効率が変わるのはこの本なのですが全くIllustratorを使わない人には不要なので無理に買う必要はありません。これらの本は決してKindle版で買わず紙の本で買うことをオススメします。読みなおすときにパラパラとめくることができるのは紙媒体の大きなメリット。

3冊で6,890円になりますが間違いなくこれ以上の価値はあります。むしろこの値段でこれだけのことを教えてもらっていいのだろうかという内容になっております。繰り返しますがデザインに携わる方は必携の3冊。自信を持ってオススメいたします。これを読む前と読んだ後ではデザインが圧倒的に変わりますし、おそらく売上、作業効率は何倍にもなるかと思われますのでぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか。

 

ほな!