iPhoneSEユーザーに朗報!バッテリーを交換したらサクサクヌルヌル動くようになった!

先日、新型iPhoneが発売になりました。発表されたのはiPhoneXS、XSMax、XRとどれも5.8インチ以上の大きなサイズのiPhone。筆者としては片手で持つことができて、親指で隅々まで操作ができる4インチサイズのiPhoneSEの後継機種を待っていたのですが、残念ながら発売されず…。

AppleStoreでXS、XSMaxの実機に触ってきましたが、やはり片手で持つには大きすぎて不便極まりない。胸のポケットからもはみ出して、入り切りません。視認性は圧倒的に画面が広いほうがいいのですが、筆者にとって操作性は4インチが一番。

iPhoneSEは発売されてから2年半が経ち、iOS11にアップデートしてからは動きがもっさりして、正直、ストレスを感じることがあります。iPhoneの特徴であるサクサクヌルヌル動く操作性が失なわれていました。

また、バッテリーの保ちがかなり悪くなり、夕方になる頃には20%を切り、警告表示が出るように。どこへ行くにもモバイルバッテリーが欠かせなくなっています。

ひとまず、新しいiPhoneXシリーズに買い換えるのは見送ることにして、SEのバッテリーを交換することにしました。以前、バッテリーが劣化した状態だとCPUのパフォーマンスを制限しているという話があり、もしかしたらスピードが速くなるかもという淡い期待を抱きつつつGENIUS BARで予約しました。

アップルストア名古屋のGENIUS BARは常に混雑しているため、一週間先の予約しか空いていません。しかも告知されたらすぐに枠が埋まっていきますので、予約を取る場合はこまめにアプリを立ち上げてチェックする必要があります。

先日、やっと妻のiPhoneと2台分の予約が取れてGENIUS BARへ持ち込みました。18:45に訪れて、スタッフが来て話を始めたのは19時。そこから約2時間かかると言われましたが、仕方がないので預けて時間を潰すことに。夕食を摂ったり、ヨドバシカメラでウロウロしたり、ブログを書いたりして過ごし、閉店間際の20:45にアップルストアへ。

修理確認書をスタッフに渡してから約20分待たされ、21時過ぎにやっと手元に2台のiPhoneが戻ってきました。念のためバックアップを取っていましたが、特に不具合はなく、バックアップ復元することなく、そのまま使うことができました。料金は1台税込3,456円。

自宅に帰宅して、早速触ってみたところ、あることに気が付きました。そう、間違いなく体感速度が上がっており、サクサクヌルヌル動くようになっていました。交換前まではスクロールするときに引っかかりがあったり、アプリの切り替えの際に、タイムラグがあったのですが、それらがほぼ解消されました。おそらく、バッテリーを交換したことにより、CPUのパフォーマンス制限が解除されたのだと思われます。そして、バッテリーの保ちも格段に良くなりました。以前は、夕方まで保たなかったのですが、久しぶりに夜までバッテリーが保つようになりました。

ちなみにiPhoneのカバーは本皮のオーダーメイドで製作されたものを使っています。仕事で使う際には裏にカメラ用の穴が空いているのが嫌なのですが、市販されているiPhone用のカバーはほぼカメラ用の穴が空いているものしかありません。Android用に販売されているカバーでようやくカメラ用の穴がないものを見つけました。サイズが大きかったため、作家の方にお願いしてiPhoneSEのサイズピッタリで作ってもらいました。撮影する時は上にスライドさせる手間が必要ですが、見た目がスッキリしており満足しています。

プライベートの際はカバーを外して使いますので、簡単に外れるようマジックテープで装着しています。


バッテリー交換後の操作感と持続性ならば、またしばらく快適に使えます。iPhoneXシリーズのサイズには全く魅力を感じていないものの、スピードはやはり速いほうが快適で作業スピードも上がり効率は良くなるので、来年の新製品のラインナップの中にiPhoneSEの後継機が入っていることを熱望しています。

筆者と同じような思いを持っている方は大勢おられるはず。iPhoneSEを使っていて操作の速度に不満を感じている方やバッテリーの保ちが悪くなっている方は、今すぐバッテリー交換をしてみてください!また快適なiPhoneライフを楽しむことができます。

ほな!おおきに!