久しぶりに海外ドラマにはまりました!Amazonプライムビデオなら無料で観られる「シリコンバレー」

先日、ヴィッパサナー瞑想を体験した女子大生のインタビューをしました。以前会った時は自分で何かやってみたいので会社勤めはしないかもと仰っていたのですが、今は就職してみようと思っているとのこと。

ヴィパッサナー瞑想の10日コースを受けた美人女子大生に色々話を聴いてみた

 

話を聞いたところアメリカのドラマ「シリコンバレー」を見たら優秀な人たちは企業に勤めているということがわかったので、一度は就職してみなければという気持ちが芽生えてきたらしく、出遅れているけれど、就職しようと思いますとのこと。確かにいきなり起業するよりは、会社勤めした方が、後々役立つような気がします。大ヒット漫画「キングダム」の著者である 原泰久氏もプログラマーとして勤めたサラリーマン時代の経験が生きていると仰っています。人の人生を変えるほどのドラマはどんなものなのかと早速観ることにしました。

 

「シリコンバレー」は、アメリカのHBOが制作しているギークたちのスタートアップを描いたコメディードラマ。ドラマの舞台はシリコンバレーで、タイトルもそのままひねりなく「シリコンバレー」(笑)

このドラマの人気の秘密ははコメディとしておもしろいというだけでなく、シリコンバレーで働いている様子などのディティールの描写が細かく、さまざまなIT企業のパロディが出てくる点。フィクションとリアリティの描き方のバランスが絶妙で観ているものを引き込みます。

下ネタのオンパレードな場面もあるので、子供や女子など万人にオススメできるドラマではありませんが、大人のみなさんには十分楽しんでいただけるはず。

特にITの仕事に携わる人には「あるある」で笑えるポイントが多いと思います。また1話が30分なので、時間の空いたときに観られるところも人気の理由の1つ。ワタクシはChromeのプラグイン「videospeed」をインストールして1.3〜1.5倍速で観ていますので1話22分ほどで観ています。

ぱっと見たところ8話までだったので最後まで一気に観たらなんとシーズン5まであり、全部観るのは諦めました(笑)未だ継続中で話が続いているらしいので、まだまだ楽しめそう。毎日1話ずつ観るとすると、ひと月以上楽しめますので、毎晩ブログを書いた後に観るのが楽しみ。IT関係の方はもちろん、そうでない方もきっと楽しめますので、Amazonプライム会員の方はぜひご覧ください!

 

ほな!おおきに!