【シェア歓迎】リアルやオンラインで会った人とFacebookで人名検索せず簡単に繋がる方法

Facebookは若者や学生には人気がありませんがビジネスマンやアラサー以上の方にはまだまだ根強い人気。最近はインスタ全盛ではありますがビジネスツールとしては最も便利で重宝しています。

会社の人たちとはほとんど繋がっていませんが、友人をはじめ約800人ぐらいと繋がっております。頻繁にやりとりしているのは半分ぐらいですが、このネットワークから本業のビジネスに発展することも多々ありますし、プライベートで色んな企画をして楽しんでいます。朝活などのイベントを主催することがありますが、十数人であれば集客には困りません。もちろん、イベントの内容にもよりますが、これもひとえにお友達とFacebookで繋がっているからに他なりません。

とても便利なFacebookですがリアルで会った人やZoomなどのオンラインで会った人とFacebookアカウントをやりとりする時に人名検索してもなかなか出てこないことが多々あります。同姓同名の方が出てきたり漢字では出てこずアルファベットで入れたらやっと出てくるということがしばしば。

実はFacebookアプリの中にQRコードを使って簡単にアカウントをやりとりする機能があるのですが、あまり知られてないようなのでご紹介します。以前Facebookメッセンジャーの中に実装されていたのですがいつの間にか無くなってしまいました。Facebookアプリで同様の機能があることを知ったので情報を共有します。

Facebookのアプリを立ち上げで右上の虫眼鏡アイコンをタップ。

 

検索窓が開いたらここに「qr」と入力し右下の「Search」をタップ。

 

一番上に「Facebookショートカット」として「QRコード」が出てくるのでタップ。

 

スタート時はカメラでスキャンする状態になっているので相手のQRコードを表示してもらい読み込みます。もしQRコードが画像ライブラリにある場合は「ライブラリからインポート」を選びQRコードを読むこともできます。

 

カメラが映らない場合はiPhoneの「設定」→「Facebookアプリ」→「Facebookにアクセスを許可」の中の「カメラ」をオンにします。

 

QRコードを表示している画面ではタイムラインでシェアしたり、画像を保存することができます。
※実際の画面には★は出ません

 

QRコードを読み込んだらすぐに本人を特定することができますので、一言挨拶のメッセージを送って友達申請すれば完了。いちいち人名検索することなく、あっという間に対象のアカウントを見つけることができます。

今、巷では音声SNSのクラブハウスが大人気となっています。ただし、リンクできるSNSがTwitterとInstagramしかなくFacebookはまだリンクを貼ることができません。ビジネスではFacebookで繋がっていた方が便利なので、このQRコードを一旦保存してTwitterやInstagramのDMで送れば簡単に繋がることができます。

今、話題沸騰中の招待制音声SNS「Clubhouse(クラブハウス)」の使い方・招待枠、フォロワーの増やし方などを解説!


まだこの機能をご存知なくてFacebookを使っている方はぜひ利用してみてください!多くの方に知ってもらいたいので拡散は大歓迎!

ほな!おおきに!