熱田神宮で開催中の「神さまのお召しもの」秋季企画展行ってきた

熱田神宮の宝物館で開催中の「秋季企画展 神さまのお召しもの 〜伊勢神宮撤下神宝下附記念展〜」へ行ってきました。熱田神宮へは毎月1日に必ず参拝しておりますが今月2回目の参拝がてら企画展へ。気になる特別展示があるときは拝観しています。
※館内は撮影禁止なので画像はありません。

国宝や重要文化財がずらりと並び感動しっぱなし。刀やきもの、扇子など本当に素晴らしい逸品が多数展示してありました。

特に入口を入ってすぐ左の所に展示してあった櫛の精細度がすごかった。最初見たときは櫛だと思わず「ヘラ」に見えておりました。「ヘラ」は何に使うのかもよくわからなったのですが横にあった調度品が素晴らしかったのでそちらに関心があった見過ごしておりました。

一周したところで学芸員の方と話ができ、出口付近に展示してあった「つげ櫛」の細かさがすごいという話をしたら、先程の入口付近の櫛の話をしてくれました。この櫛の隙間は細かすぎて人間の髪の毛はおそらく入りませんが神さまが使うから問題ないのだとか。とても人間技とは思えない細かさ。

その他、文羅(もんら)という装束が展示してありました。出口付近の文羅は最近作られたもので、これ自体もすごいのですが、奥の中央付近に展示してある白い文羅はレベルが違うとのことでもう一度観に行きました。確かに繊細さが全く違っており古いほうが圧倒的に技術が高い。学芸員の方が教えてくれたのですが、しばらくの間、この文羅を編むことが途絶えたために技術が落ちてしまったとのこと。奥に展示してある白い文羅は絶頂期に作られたため職人の技術も高く最高峰の出来栄え。これも見逃せない逸品。

もし10月25日(火)までに熱田神宮へ参拝される場合はぜひ宝物館のこの企画展を訪れてみてください。「日本って凄い国だなぁ」と感嘆すること間違いありません。観る際には学芸員の方とお話すると100倍楽しめます。

熱田神宮のHPにはなぜかこの秋季企画展が掲載されておりません。ググってもでできませんのでパンフレットを掲載しておきます。

20161013 20161013-2 20161013-3 20161013-4

 

会期 平成28年9月30日(金)〜10月25日(火)
主催 熱田神宮 中日新聞社
後援 愛知県神社庁 愛知県教育委員会 名古屋市教育委員会
拝観料 大人500円(300円) 小中学生200円(100円)
※( )は20名以上の団体割引
問い合わせ 熱田神宮宝物館 TEL 052−671−0852

ほな!

記事が役に立ったらこちらからAmazonを利用していただけると嬉しいです!