見どころ紹介!豊田市美術館のブリューゲル展に行ってきた 

4月24日(火)から豊田市美術館で始まった「ブリューゲル展 〜画家一族150年の系譜〜」を鑑賞していました。名古屋市美術館で開催中の「モネ それからの100年」とともに年初から開催を楽しみにしていた美術展のひとつ。

 

今回は始まってから3日目と早い時期に行くことができました。開館と同時に入りましたが、ゆっくり鑑賞するにはちょうどいい感じ。以前開催された「ジブリの建造物展」は混雑しすぎてたいへんでしたが、「ブリューゲル展」は落ち着いて鑑賞できました。

 

16世紀フランドルを代表する画家、ピーテル・ブリューゲル1世に始まり、150年にわたって画家を生み出した、ブリューゲル一族。その系譜を 辿りながら、風景画、風俗画、花の静物画など、一族やその追随者たちが手 がけた作品を通して、16、17世紀フランドル絵画の魅力に光をあてています。この展覧会は通常見ることができない個人所蔵の絵画など約100点により構成され、 そのほとんどが日本初出展となります。※フランドル地方は、現在のベルギーにあたります。

展示内容は第一章 宗教と道徳、第二章 自然へのまなざし、第三章 冬の風景と城砦、第四章 旅の風景と物語、第五章 寓意と神話、第六章 静物画の隆盛、第七章 農民たちの踊りから構成されています。

第六章以降は写真撮影が可能。美術展を含めて集客を考えるなら、今の時代、写真撮影の許可をしないと話になりません。魅力的な絵があれば、SNSなどにUPしたくなりますので、情報が拡散します。

 

静物画の緻密さに感動します。花瓶の下のてんとう虫や花びらの写実もすごい。

 

150年に渡って、絵が紡がれており、その系譜を見るだけでも楽しめます。緻密な油絵は必見の価値あり。また、他会場では様々な作家の作品が展示されておりますので、こちらも楽しめます。

 

ブリューゲル展 画家一族150年の系譜

会期
4月24日(火)〜7月16日(月)

開館時間
10時〜17時30分(入場は17時まで)

チケット料金
大人1,500円(1,300円) 高校・大学生 1,100円(900円)
( )は前売り及び 20名以上の団体、年間パスポート利用者のお連れ様料金

 

 

なお、チケットの半券を提示すると豊田市駅周辺の42店舗で割引・特典クーポンとして使えます。ぜひ、豊田市美術館の「ブリューゲル展」へ足を運んでみてください。

 

ほな!おおきに!