松坂屋美術館で開催されている「蜷川実花展〜虚構と現実の間に〜」へ行ってきた 見どころ、所要時間、混雑状況は?








2月13日(土)から松坂屋美術館で開催されている「蜷川実花展〜虚構と現実の間に〜」に行ってきました。写真下の枠を超え、映画、デザイン、ファッションなど多彩な活動をしている蜷川実花氏。この展覧会では「虚構と現実」をテーマにアーティストの写真の本質に迫っています。

色鮮やかな花々を撮影した「永遠の花」や「桜」をはじめ、著名人やスポーツ選手を撮影した「Protraits of the Time」、新境地となった「うつくしい日々」など多様な方向から制作された作品が一堂に会しています。

 

この展覧会の一番の見どころは著名人やスポーツ選手を撮影した「Protraits of the Time」。それぞれの人物に合わせて独特の世界観を表現されています。ビビットなものもあればモノトーンのものもあり千差万別。一体、どれだけ引き出しがあるのだろうと驚きます。

なお、撮影可能なのは入口にある「永遠の花」や「桜」と出口にある動画作品などのコーナーのみ。著名人やスポーツ選手を撮影した「Protraits of the Time」は個人の著作権がクリアにならないため撮影不可となっていました。また蜷川幸雄氏が亡くなる時の思いを写真で綴った「うつくしい日々」も撮影はできません。この2つのコーナーはぜひ実際に訪れて自分の目で観て、その素晴らしさを体感してみてください。

 

混雑状況は祝日の開店直後だったこともあり、多すぎず少なすぎずちょうどいい感じ。土日の日中はそれなりに混雑するようなので、土日に訪れるなら夕方以降がいいかもしれません。愛知県はまだ緊急事態宣言が解除されておりませんが月末には解除の方向で動いているようなので、3月からは多少混雑するかもしれません。今が狙い目かも。

所要時間は文章を読んだりするものがほとんどないので、じっくり観ても1時間あれば十分足りると思います。ざっと観るだけなら40分ほどあれば大丈夫。最後のコーナーに映像作品がありますので時間余裕のある方は動画を全編観ることをオススメします。

蜷川実花氏の作品は基本的にはビビットで色彩豊かな作品が多く、エネルギッシュでパワーを感じます。ただし、ひとつひとつの作品を見てみると落ち着いた感じの作品もあり、新たな発見となりました。

個人的にはX JapanのYoshiki、矢沢永吉、渡辺謙、小松菜奈の作品が印象に残りました。もし有名になったら蜷川実花さんにプロフィール写真撮ってもらいたい…。というわけで、未来の夢リストに加えました!

展覧会名
蜷川実花展 ー 虚構と現実の間に ー

会期
2021年2月13日(土)→4月4日(日)
〈会期中無休〉

開館時間
10時〜19時30分
ただし、最終日4月4日(日)は18時閉館
(いずれも入館は閉館30分前まで)

入館料
[税込] 一般1,200円(1,000円)/ 高・大生900円(700円) 中学生以下無料
※( )内は前売り料金

 

ほな!おおきに!

記事が役に立ったらこちらからAmazonを利用していただけると嬉しいです!