Affinity Degigner・Photo(アフィニティデザイナー・フォト)を使いこなすためのガイドブック「はじめてのアフィニティ・デザイナー/フォト」がKindelUnlimitedで無料で読める!

M1 MacBookAirに買い替えてMacOSがBigSureになったため今まで使っていた買い切りのAdobe製品やMicrosoftOfficeなどが使えなくなりました。OfficeはMacに標準搭載の「Pages」「Numbers」「Keynote」でカバーできますがAdobeのIllustratorやPhotoshopはどうにもなりません。

サブスクになった最新のAdobe製品は月額数千円するので今の使い方では元が取れません。かといってIllustratorとPhotoshopがないと色々支障をきたすので何かいいソフトがないか探したところ見つけたのが「Affinity」シリーズ。

Illustratorに相当するAffinity Desginer、Photoshopに相当するAffinity Photo、Indesignに相当するAffinity Publisherがリリースされており、どれも買い切りでその後は課金されることなく利用することができます。

価格は通常6,100円ですがただいまキャンペーン中につき50%オフで購入できます。上記、3つのアプリを購入しても1万円弱。さらにiPadのアプリも50%オフの1,220円で提供されており5つ全部購入してもわずか11,620円しかかかりません。

実際に使ってみましたが、Adobe製品と使い勝手はやや違いますがワタクシがやりたいことはほぼできることがわかりました。Adobeの拡張子であるaiやpsdでの書き出しもできるため、実際の現場でも特に困ることはないと思われます。

Adobe Illustrator,Photoshop,Indesigin の代替アプリの最有力候補「Affinity Designer,Photo,Publisher」が50%OFFセール中!無料トライアルは90日間に延長!

まだ使い方がわからないことが多く、その都度Googleで検索して調べていたのですが先日、KindleUnlimitedでAffinity DesignerとAffinity Photoのガイドブック「はじめてのアフィニティデザイナー/フォト」があるのを発見。早速ダウンロードして読み始めました。

 

「はじめての」と冠がついてるだけあり、初心者にもわかりやすい内容となっています。「はじめてのアフィニティデザイナー」はMac対応版とWindows対応版がありますので利用しているOSで選びましょう。どちらでもそんなに違わないと思いますが…。ちなみに「はじめてのアフィニティフォト」はMac/Windows両対応となっていますので一冊でどちらでもわかるようになっています。

 

なお、これを紙の本として購入する場合はオンデマンド印刷のためそれぞれ4,444円、5,995円とかなり高価になります。Kindeの場合はそれぞれ1,074円、1,093円になります。

 

またこの他にも「現役Webデザイナーがゼロから解説! Affinity DesignerでWebデザイン: 初心者も簡単に学べる手順付きパソコン・スマートフォン向けデザインをドキュメントの設定から完成まで全て網羅! 実践的なホームページの制作方法を伝授」というガイドブックもKindelUnlimitedで無料、Kindleは1,250円で販売されていますので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

 

KindelUnlimitedに入会していない方は、これを読むためだけにKindelUnlimitedにひとまず無料体験で入会する価値は十分にあります。KindelUnlimitedは新書や文庫本だけでなく雑誌や漫画も相当数対象の商品があります。MacFanなどをはじめ、各種ゴルフ雑誌も多数あり、月額980円分は完全に元を取っています。

文字の多い本を読まない方でも雑誌や漫画は読むのではないでしょうか。これを機会にKindleUnlimitedに入会してみてはいかがでしょうか。

 

ほな!おおきに!

記事が役に立ったらこちらからAmazonを利用していただけると嬉しいです!