エントランスと庭園がめっちゃ素敵な根津美術館で開催中の企画展「阿弥陀如来 浄土への憧れ」に行ってきた!








先日、東京へ撮影の仕事がてら3泊4日で行ってきました。

仕事だけで東京へ行くのは勿体ないので友人に会ったり、演劇や美術館を鑑賞してきました。

そのうちの一つが根津美術館で開催中の企画展「阿弥陀如来 浄土への憧れ」。

 

根津美術館は、東武鉄道の社長などを務めた実業家・初代根津嘉一郎(1860~1940)が蒐集した日本・東洋の古美術品コレクションを保存し、展示するためにつくられた美術館。

今回が初訪問でしたが、エントランスがとにかく素敵。

竹を使った回廊はグリーンとブラウン、そしてグレーのバランスが最高に美しく思わず、Facebookのヘッダー画像にしてしまいました。

 

また、表参道という高級ショップが立ち並ぶ一等地ながら、広い庭園があり、心が落ち着きます。

この日は生憎のお天気だったのですが、なんとか持ちこたえてくれて、傘をさすことなく見て回ることができました。

 

企画展「阿弥陀如来 浄土への憧れ」は絵画、掛け軸などが中心で、所々、仏像がありました。

 

点数的にやや物足りない感じがしましたが、建物のデザインと庭園が良かったので、トータルでは満足。

仏教関連の展覧会は以前、奈良国立博物館で開催されていた特別展「快慶」がダントツで良かったので、ついそれと比べてしまいます。

奈良国立博物館 特別展 「快慶 日本人を魅了した仏のかたち」へ行ってきた

表参道でショッピングして、ちょっと疲れたときなどには、この根津美術館は最高の休憩&癒やしスポットになります。

タイミングが合ったら、ぜひ訪れてみてください!

ほな!おおきに!

記事が役に立ったらこちらからAmazonを利用していただけると嬉しいです!