今SNSで話題の明るい廃墟「イオンモール名古屋みなと」へ行ってみたから予想以上にエモかった

ここ最近SNSで「明るい廃墟」と話題になっている「イオンモール名古屋みなと」へ行ってきました。わざわざ行くのもなんなので、ららぽーと名古屋みなとアクルスへ行くついでに足を伸ばしてきました。

 

訪れたのは平日の10時半過ぎでしたが、駐車場はガラガラ、もちろん店内もガラガラ。数年前からすでに店舗の撤退がはじまっており、抜けたところにガチャガチャやゲームセンターを設置していました。それがどんどん増えてはいたのですが、ららぽーとが出店する際に店舗をごっそりさらわれた模様。久しぶりに訪れたら特に2階、3階は見事に廃墟になっていました。さすがにガチャガチャでは埋めきれなかったらしく、パーテーションで覆われて3Dアートやインスタ映えを狙った絵が貼ってありました。

 

レストランもすでに半分程度になっています。フォークとナイフのアイコンでごまかされていますが…。

 

無くなる前に天使のアートの前で記念に撮影してきました(笑)

 

一階の奥は店舗が埋まらないらしく、UFOキャッチャーがいくつも置いてありました。しかも売れ残りのぬいぐるみがたくさん取れるというUFOキャッチャー。負のスパイラル。

 

GoProでムービーラプスを撮影しましたので、どうぞ。数少ないお客様のうちの数人はどこかの視察団。後ほど訪れたららぽーとでも会いましたので間違いないと思います。

 

イオンモールでウォーキングという笑えないポスターが貼ってありました。

 

このイオンモール名古屋みなとはあおなみ線の沿線にありますし、市内中心部からも遠くはなく立地はそう悪くはありません。駐車場も十分にあるのになぜここまで人気がなくなり寂れたのかというとこの建物の独特な作りにあるような気がします。

というのは吹き抜けの上がそのまま外に繋がっており、天井にはビニールの屋根があるだけなので、外気がそのまま入ってきます。訪れた日は曇り空で外気温が低めだったのであまり気になりませんでしたが、真夏は蒸し暑く、真冬は極寒というショッピングモールとしては厳しい環境になります。お客様からの投書もありましたが、どうにもなりませんという回答。設計段階の失敗でしょうね…。さらにイオンモール名古屋茶屋が近くにできてお客さんがこちらにかなり流れたと聞いています。同じ系列で近くに同規模のSCを作りすぎでしょうね。

 

「店がこんなに少ないのはどうしてですか?」というド直球な質問。やめてあげて〜。回答できないやん〜。

 

そして追い打ちをかけたのが車で10分弱の距離にあるららぽーと名古屋みなとアクルスができたこと。イオンモール名古屋みなとにあった店舗がごっそりとららぽーとへ移りました。確かにこんな環境だったら、ららぽーとへ移るのは当然。

イオンモール名古屋みなとの後に訪れたららぽーと名古屋は平日にもかかわらず大勢のお客様で賑わっていました。

 

ランチで利用したメゾンカイザーのカフェは1,180円〜1,980円という価格設定にも関わらず11時半過ぎに予約した時には17組待ちで約1時間待つほどの人気ぶり。メゾンカイザーのパンが食べ放題という魅力はありますが、平日でこの混雑だと土日はさらにすごいことになっていると思われます。

 

同じ地区にあるSCですがあまりのギャップに愕然としました。イオンはあまりにも無計画に店舗を作りすぎている気がします。比較的人口の多い中部地区でもカニバライゼーション起こしており、人口の少ない東北地方などの地方都市ではこれからどんどん人口が減少するのにどうするつもりでしょうか。ダイエーと同じような道を歩むことになるような気がしてなりません。

以前ブログに書いたメイカーズピアの寂れっぷりもなかなかでしたが、今回はそれ以上。

 

イオンモール名古屋みなとの噂には聞いていたものの実際に訪れてみたら、あまりにも深刻な状況なので、そのうち無くなるような気がします。昔は賑わっていて思い出がある方もおられると思いますので、ぜひ無くなる前に一度訪れてみてはいかがでしょうか。

ほな!おおきに!