そうだ美術館に行こう!

現代書道二十人展

私は美術館によく行きます。
1人でふらっと立ち寄ることも多いですが、
最近は積極的に子どもを連れて行くようにしています。

今日は松坂屋美術館の「現代書道二十人展」を見に行ってきました。

大人が見ても何が書いてあるかさっぱりわかりませんが、
上の子は書道をしているので何か感じ取ってもらえたと思って連れて行きました。

昨年行った豊田市美術館の「反重力」は子どもたちもとても楽しんでいました。
まだ6歳と3歳ですが大人が思っているよりも子供たちは美術館を楽しんでくれます。

私が美術館へ子どもを小さな頃から連れて行こうと思った理由は、
フランスのパリに住んでいたときに遡ります。

パリに住んでいた時、ルーブル美術館やオルセー美術館などに幼稚園児ぐらいの
子供たちが遠足で観覧に来ていたのを見たときに驚くと同時に、
芸術的な面では日本人は太刀打ちできないと思いました。
だって、こんな小さな頃から世界的巨匠の本物に触れているのですから。

このことがきっかけとなって子どもができてからは
できるだけ小さい頃から美術館などに積極的に連れて行き
センスを磨いて欲しいと願っています。

もし美術館の料金が高いと思う方は百貨店の美術品売り場へ足を運ぶのも1つの手だと思います。
たいていは無料でいろんな芸術作品を見ることができるからです。
ぜひオススメします(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です