テレビの音量を抑えて近所迷惑にならない方法

父親は昨年2月に70歳になりました。特に大きな病気にかかることもなく古希を迎えることができました。ただ少々耳が遠くなってきたみたいで、テレビを見るとき音量がかなり大きくなってきています。誕生日の後に母親から「お父さんが観ているテレビの大きな音が近所迷惑なので何とかならないか」と相談がありました。

Googleで検索したところテレビから離れた視聴ポイントに置けるワイヤレスのスピーカーがあることがわかりました。色々と下調べしたところこの手のワイヤレススピーカーはソニーとTDKの2つに絞られました。価格コムの書き込みやアマゾンのレビューを見て総合的に判断したところTDKのスピーカの方が評価が高かったのでこちらを購入しました。

実家に帰った時にセッティングをして音を聴いてもらったら、良く聴こえるとのこと。しかも外に聞こえる音が一気に小さくなりました。しかし、一年ほど経った先月、母親から「突然スピーカーが使えなくなった」と連絡がありました。どうやらスピーカーから出ているコードが断線した模様。近くの家電量販店に持っていったところ修理ができないと断られたとのこと。断線したところを写メしてもらったのですか私で直せそうな感じでしたのでとりあえずそのまま持っておいてもらうことにしました。

先日実家に帰る機会があり、ハンダごてなど修理工具一式を持っていって修理を試みました。私の予想ではネジを外してコードを再度ハンダで接続すればいいと思っていたのですがどこにもネジらしきものがありません。すべて接着剤で固定されておりどこからも開けることができませんでした。最近の家電は修理を前提に作っていないものが増えてきており、このスピーカーも同様でした。メーカーとしては修理するよりも保証期間に故障した場合は新品交換した方がコストが安いので修理をする前提で設計されておりません。修理をする職人を雇う人件費の方が圧倒的にコストが高いし、ネジを無くせば製品コストも下がるので仕方ないのかもしれませんが、どうももったいないような気がします。

今回は私の修理技術を駆使してなんとか断線したコードの皮膜を剥いてギリギリ接続することができました。電源を入れたところちゃんと使えるようになりました。そもそも断線した原因はこのワイヤレスのスピーカーの電源をACアダプターからとっていたことにあります。テレビが置いてある場所から手元のスピーカー間はワイヤレスなのですが、このスピーカーの電源はコードレスではなく電源コードがつながっていたため掃除をする際などに引っ掛けたりしてコードの根本が弱り今回の断線にいたりました。

このままACアダプターから電源を取ると同じような結果になるため根本から解決することにしました。スピーカー自体をコードレスにするにはモバイルバッテリーが必要となります。たまたま私が持っていたモバイルバッテリーがありましたのでそれを接続したところ動作することが確認できました。これで完全にスピーカーが独立しワイヤレス状態になり断線することがなくなりました。置く場所も自由に動かせて、さらに便利になりました。

IMG_7472
定期的に充電する必要はありますが10,000ミリアンペアのモバイルバッテリーなので相当持ちます。今回試しに使ったモバイルバッテリーは既に結構使っていましたので最新モバイルバッテリーを親にブレゼントすることにしました。

img_7659

両親とは距離が離れた別々の場所で暮らしているため半年に1回ぐらいしか会えません。普段はなかなか親孝行ができておりませんでしたので今回の件はとても喜んでもらえたと思います。そろそろ団塊の世代が高齢になってきて同じような問題を抱えている方が多いのではないでしょうか。両親、もしくは祖父母が視聴しているテレビの音量が大きいとお嘆きのあなた、このワイヤレススピーカーとモバイルバッテリーで近所迷惑にならない環境を構築してみませんか。

ほな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です