iPhoneXSとAppleWatch4を触ってきた!価格が高いのはAppleへのお布施(投資代)が入っているから?!

いよいよiPhoneXS、iPhoneXS MAXが発売になりました。最新の超高速チップセットをはじめ、Appleの技術の粋が集められています。早速、Appleストアで触ってきました。動作はスムースで、画面も超綺麗ですが、筆者には大きすぎます。iPhoneSEが一番しっくりきているので、4インチサイズを待っていたのですが、残念ながら見送られました。iPhoneXSのカメラは素晴らしいのですが、それ以外惹かれるポイントはありません。今回のiPhoneXSはおそらく見送り、iPhoneSEの電池を交換してしばらく我慢します…。


 

一方、AppleWatch4はサイズは一回り大きくなった上に、ベゼルレスデザインになり、視認性が良くなりました。文字盤面も増えてカッコいいデザインがいくつもあります。0.7mm薄くなったことにより、つけ心地が一層よくなり、弱点はありません。もう時計はこれさえあればいいと思えるほどの出来栄え。初期ロットは不具合があるので、もう少し様子を見て、買い替えを検討します。


 

特に文字盤面のVaporの動きは超絶クール。

このiPhoneXSやXS MAXは操作性やニュルニュル感など唯一無二ではあるものの、同じようなスペックのAndroid端末と比べると3割以上高いと思われます。確かに、最近のiPhoneの高騰は昔からのiPhoneユーザーとしては、どこまで上がるのかと不安になります。しかしながら、iPhoneが高いのはAppleへの未来への投資が含まれているからに他なりません。

ファーウェイやシャオミなどのスマホメーカーは所詮、Appleが作ったiPhoneの模倣品を作っているに過ぎません。世の中に無かった「スマートフォン」というものを生み出したのはAppleであり、ないものをゼロから生み出すのはたいへんなこと。模倣するのとは比べ物にならないぐらい、多額の研究資金と優秀な人材、最新の研究施設が必要になります。

AppleはiPhoneだけでなく、ワイヤレスイヤホンのAirPods、ウエアラブル端末のAppleWatchなど、使い勝手の素晴らしい唯一無二の製品を世の中に送り出しています。

これからも、世の中にない画期的な製品を生み出してくれることでしょう。スティーブ・ジョブズがいなくなったので、やや失速している感はありますが、DNAは引き継がれています。

筆者が予想しているのは「運転席のない自動車」。Appleの技術の粋を集めれば完全自動運転車の実現はそう遠くはないような気がします。完全自動化が実現すれば免許を取得する必要はなくなります。また、駐車場も要らなくなるでしょう。車が不要な時は、住んでいる周辺の空いたスペースへ自動的に移動しながら時を過ごし、必要になったときにiPhoneで呼び出せば玄関の前で待っていてくれます。こういう世界が実現すれば、個人で車を所有する必要はなくなるかもしれません。

未来予想はさておき、Androidに比べてiPhoneが高いのは未来に向けての投資だと言い聞かせましょう。潤沢な資金でより一層、世の中を便利にしてくれる素晴らしい製品を生み出してくれることを期待して。

ほな!おおきに!