美味しい鴨らーめん発掘!旨くて唸る名店紹介「らーめん鴨to葱」(ラーメン・上野)

旨くて唸る名店紹介シリーズとは・・・
全国各地の美味しいものを食べている筆者の舌をうならせた店のみを紹介するコーナー。値段が高くて美味しいものは世の中にたくさんありますがリーズナブルな値段で満足させてくれる店はそう多くはありません。食べた後に喉が渇かないことも選択基準のひとつ。そういったお店を中心にポツポツ紹介しております。ハードルは相当上げておりますので絶対にハズレはありません。自信を持ってオススメします。

半年に一度、一泊二日で東京へ美術館巡りに出かけます。美術鑑賞も楽しみですが、合間のグルメも楽しみのひとつ。事前に食べログやGoogleマップで検索して目星をつけてから出かけます。

今回、初日のランチに選んだのは上野のアメ横街にある「らーめん鴨to葱」。

 

11時過ぎに到着した時点で8人待ち。先に券売機でチケットを購入してから並びます。初めてなので定番の鴨らーめんと親子丼セット980円を注文。

 

15分ほどで店内に案内されました。ちなみに列を切り盛りしてるお姉さんがめちゃ美人。ラーメンに入れる葱は3種類の中から2つ選択します。どれがいいのかわからないので美人のお姉さんにオススメ聞いて選んでもらいました。

 

先にチケットを渡しているため、席に着いてからは5分も経たず出てきました。ここのらーめんは「鴨・葱・水」のみからできています。毎朝、厳選した国産合鴨を丸ごと一羽からさばき、その鴨と水のみで丸二日間弱火でじっくりスープを炊いています。化学調味料を一切使用せず、鴨本来の旨味とコク、そしてそれを引き出す葱が織りなすシンプルを追求した奥行きのある味が楽しめます。

 

鴨チャーシューは低温調理されたレアな仕上げ。デフォルトは2枚乗っています。250円プラスすれば追加することもできますが、2枚で必要充分。スープは鴨から煮出した出汁と薄口醤油の優しい味わい。めちゃ美味しいですが、やや甘口。

 

麺は細めの手打ち麺でスープとよく合っています。適度なコシがあり程よい食感が楽しめます。普段、ラーメンのスープを飲み干すことはあまりないのですが、ここのスープは完食しました。

 

親子丼は半熟卵でとじられており、つゆだくな好みのタイプ。こちらも少し甘口ですが、めちゃ美味しい。鳥料理専門店の親子丼よりも美味しいかもしれません。

 

量は適度なボリュームでラーメンとセットでちょうどいい感じ。比較的少食なワタクシで満腹にはならない一歩手前なので、女性でも食べきれると思います。

名古屋にある鴨らーめんの「空庵」とかなり似ていますが、雰囲気や味を総合すると空庵が上回っています。個人的に「空庵」が日本で一番美味しいと思っており、それと比較しても「らーめん鴨to葱」は、かなりのハイレベル。

東京は名古屋と比べてラーメンのレベルが段違いに高いので、食べログやGoogleマップで評価の高い店を選べばほとんどハズレはありません。ただし、美味しい店はどこも行列で並ばなければならないので、それが玉に瑕。

これからも、東京を訪れたら色々な店を開拓していきます!


ほな!おおきに!