Amazonで本を買うとブックカバーが無いという問題が解決!AmazonオリジナルブックカバーデザインがPDFでダウンロードできます!

最近、本はほぼAmazonで購入しています。ポイントが貯まること、3冊以上購入すると最大8%のポイントが還元されるというメリットが一番の理由ですが、本屋で目的の本をウロウロ探す無駄な時間をかけなくていいのもメリットのひとつ。

ただし、ひとつだけ問題があります。それはAmazonで本を購入するとブックカバーが無いこと。本を読む時は読み終わった後にAmazonやメルカリで売ることも視野に入れてできるだけ綺麗な状態で読み終えるためと、外出先でどんな本を読んでいるのかを他人に知られたくないため、必ずブックカバーをしています。

本屋で本を購入すると「ブックカバーをおかけしますか」と聞いてくれますが、Amazonは本だけが届きます。仕方なく、本屋で買ったブックカバーを使いまわしたり、自分で画用紙を折って使っていました。ブックカバーが厄介なのは、それぞれサイズが本によって違うこと。新書は特にサイズがバラバラでなかなか同じサイズの本はありませんので、その度に作ったり、折り直したりする必要があります。

この4冊はすべて少しずつサイズが違います。全部統一すれば本棚に置くときにも楽なのになぁ…。

 

つい先日、Amazonのサイトを見ていたらオリジナルブックカバーができました!という案内を見つけました。特設サイトには様々なデザインのブックカバーのPDFファイルが並んでおり、ダウンロードして印刷すれば簡単にブックカバーができあがります。もちろん無料。

ブックカバーの作り方も説明してくれているので、誰にでも簡単に作ることができます。

 

文庫本であればA4サイズ、新書ならB4もしくはA3サイズで印刷すれば本をカバーするのに十分な大きさになります。デザインはいかにも「Amazon」なものから、ポップなものまで10種類。男性、女性どちらでも使えるデザインになっています。

 

これで、Amazonで本を買ったらブックカバーが無い問題は解決しました。最近はKindleで読むのでブックカバーがそもそも要らないという方もおられると思いますが、本はやはり紙媒体で読みたいタイプなので、このサービスは重宝します。

 

ブックカバーが無いと困っていた方は、ぜひこのサービスを使ってみてください。自宅にカラープリンターがあれば簡単に印刷できます。ただし、通常のプリンターはA4サイズだと思われますので、それ以上の場合はセブン・イレブンのネットプリントサービスなどを利用してみてください。

 

最近読んだビジネス本の中でのおすすめはこちら。

 

 

 

ほな!おおきに!