NewsPicks Magazine vol.4の特集が両方とも濃い!

昨年入会した有料メディアである「NewsPicks」。動画コンテンツのWEEKLY OCHIAIをはじめ、様々なニュースを効率よく理解するのにとても役立っています。正直、紙の新聞はもうワタクシには必要ありません。

 

そのNewsPicksから定期的に雑誌が送られてきます。今回のvol.4の特集はビジネスパーソンが世界で活躍するために必須の英語学習を紹介する「ニューエリートの英語」特集と次世代の働き方を考える「Why We Work」の二大特集。どちらも内容が濃く、前回の子育て特集に匹敵するぐらい必読の一冊となっています。

 

英語については自動翻訳システムがどんどん進化しており、そのうち語学を勉強する必要はなくなるとも言われていますが、やはり世界共通語である英語ぐらいは機械に頼らず話せたほうが楽しいし、流暢に話せればこれからのグローバル時代、必ず役に立ちます。

 

ワタクシも若かりし頃は英会話教室のNOVAに通い、国際線のCAぐらいの会話力がありましたが、NOVAが破綻してから一切通っていないので、英語を使うのは海外旅行に行ったときと、インバウンドの外国人になにか聞かれた時ぐらいになってしまいました。長らく喋らないと単語が出てこないので、かなりスキルが落ちています。

ただし、今仕事で旅行業に身をおくようになったので、再度英会話を学ぼうと思い始めています。色々英会話の勉強法(テクニック)を読み直しましたが、英語学習に成功した人に共通するのは「声に出すこと」「音楽や映画で学ぶ」「繰り返し学習する」「Duo3.0で単語を丸暗記する」に集約されるような気がしています。

Duo3.0は数年前に購入し、途中で挫折してしまったので、もう一度チャレンジすべくiPhoneにCDをダウンロードしました。あとは勉強する時間を確保するのみ。ただ、5月には娘と一緒にピアノの発表会、7月には世界遺産検定2級の試験、9月には国内旅行業務取扱管理者試験があるので、隙間時間を見つけてやるしかありません。ブログも毎日書くことも日課になっていますし…。

 

人間24時間は平等に与えられているので、睡眠時間を削ることなく、無駄な時間を削ぎ落とし、英会話に再チャレンジします。年末には昔のようにある程度喋れるようになっているイメージを抱いています。

二つ目の特集の「Why We Work」では今注目の経営者らが何人も出てきました。トップバッターは今一番会いたい経営者のひとりであるひふみ投信の藤野社長。朴訥な感じですが、めっちゃファン。株式投資は自分でしてるのでひふみ投信には投資していませんが今までのファンドマネジャーとは少々違っていて、物事の考え方など感心することが多く、尊敬しています。

 

最後には個人的に一番注目している「佰食屋」女性オーナーの中村朱美氏が取り上げられていました。どこの会社も売上を右肩上がり、前年クリアばかりを掲げていますが、人口オーナス期に入った日本において既存のビジネスモデルでは無理があり、必ず歪がでてきます。中村氏は売上拡大ではなく、どうしたら働く人が幸せに働けるかを考え行動されており、本当に素晴らしい。おそらく今後生き残るのはこういう経営者が舵取りする企業だけになるような気がします。

 

今回のNewsPicksMagazineの特集もとても濃い内容で、これを読めるだけでも会費を払っている価値が十分にあります。まだ届いたばかりで興味のある箇所しか読んでいませんので、時間のある時にじっくり読んでみます。もし、NewsPicksに入会しようか迷っている方はぜひ入会してみてください。間違いなく投資した以上のリターンはあります。

なお、NewsPicksMagazineはAmazonや本屋でも購入できますので、気になった方は購入してみてください。

ほな!おおきに!