熱田神宮公園で開催されている古墳マルシェに行ってきた

毎年この時期に開催されている古墳マルシェに行ってきました。娘のお友達家族がステージに出演されるとのことで見学と応援を兼ねて初めて訪れました。

 

駐車場は無料で停められますが台数は多くはないので時間帯によっては満車の場合があります。訪れた10時45分では数台空いてました。結構出入りがあるので、少し待てば空くと思います。

マルシェでは、採れたての野菜をはじめ、はちみつ、手作り雑貨などの店舗が出店しています。東別院朝市と比べると店舗数は二十分の一ぐらいだと思いますが、それなりに楽しめます。

 

特に気になったのは古墳の形をしたクッション。ポーチもありましたが、こちらはまだ試作の段階で販売していないとのこと。ニッチなグッズではありますが、古墳マニアは結構いるので、そういった層にアプローチできれば売れそうな気がします。

 

背高のっぽのクラウンによるバルーンアートイベントが行われていました。

 

また近くにある断夫山古墳に特別入山できるイベントがあり古墳マニアにとっては貴重な機会。今回はワタクシは時間がなかったので行けませんでしたがお友達が行かれたとのことで写真をお借りしました。古墳と言ってもただのぱっと見た目は雑木林ですが、ここにはロマンがあります(笑)

 

 

 

お友達のステージはお父さんが三線で伴奏しながら沖縄の民謡を歌い、お嬢さんは踊りを披露し、息子さんはお父さんと一緒に三線や太鼓を演奏したりと家族揃って芸達者。歌も上手で聴き惚れました。娘たち曰く、兄妹どちらも勉強がすごくできるそうで天は二物を与えずではなくいくつも与えているような気がします。

 

この古墳マルシェは毎年この時期に開催されており、古墳マニアにとっては見逃せない貴重なイベントのひとつ。来年の開催日程はまだ未定ですが、3月後半は変わらないと思いますので、古墳に興味のある方は3月に入ったらネットなどでチェックしてみてはいかがでしょうか。

 


ほな!おおきに!