AmazonのFire タブレット3種類比較レビュー 購入前に抑えておきたいメリット・デメリットや選び方【Fire 7/HD 8/HD10】

現在、我が家にAmazonのFireHD 10とFireHD 8とFire 7と3種類のタブレットがあります。最初はFire7がキャンペーンで3,980円だったので娘たちのおもちゃとして購入しました。このFire7がそこそこ使えることがわかったので、雑誌閲覧用にFireHD10をキャンペーン中に追加購入。

その後、両親が使っていたiPodtouchの調子が悪いとのことだったので、キャンペーンでお値打ちになっていたFireHD8を購入し、セッティングして渡しました。ところが先日、両親揃ってとうとうiPhoneに乗り換えたため、タブレット不要とのことで手元に戻ってきました。というわけで現在、7インチ、8インチ、10インチのFireタブレットが揃っています。

 

 

ちょうどいい機会なので、それぞれの特徴やメリット・デメリットなどをお伝えします。

Fireタブレットの一番の特徴はまず価格が超絶安いこと。定価でも十分安いのですが、Amazonのキャンペーンやタイムセールでさらに激安になります。Fire7は3,980円というちょっと高級なランチ程度の値段で手に入ります。本当に使い物になるのか少々疑問を持ちつつ購入しましたが、そこそこ使える端末ということがわかりました。

ただし、普段使っているiPadmini4に比べると解像度が低いため、Retinaディスプレイを見慣れているとかなり粗く感じます。とは言っても目的としては子どもたちが専用のLINEアカウントで使うためと簡単な調べ物をする程度なので十分な性能を有してます。なお、FireシリーズはFireOSを搭載しており、そのままだとAmazon関連のアプリしか使えないので、GoogleChromeやLINEなどのアプリを使うためにはOSの一部を書き換える必要があります。こちらについては自己責任になりますが、多少の知識があれば難しくはありません。ググれば詳しく解説したブログがいくつも出てきます。

iPadmini4とFireHD8とのサイズ比較。ほぼ同サイズですが、FireHD8の方が横長のワイド画面。

 

 

 

こちらがiPadmini4の拡大画面。Retinaディスプレイはやはり圧倒的に綺麗。

 

こちらがFireHD8の拡大画面。Fireシリーズはほぼ同じパネルを使っているため、Fire7、FireHD10ともに似たような感じでピクセルはかなり粗目。

 

FireHD10は先日、OSアップデートでアレクサ対応になりました。アレクサ専用端末を買おうか迷っていたのですが、買わずに済みました。両方持っている方のレビューではマイクの性能が全然違うので専用機の方がスムースに音声認識するとのことでしたが、FireHD10でも十分認識してくれますので、特に問題なく使えています。天気やニュースを聞いたり、「おはよう」と声をかけると今日は何の日か教えてくれたり結構便利。ただ、会話をすべて聞かれている可能性は否定できず、不安な面もあります。

FireHD10は解像度も高く、画面もiPadなどに比べると横長の画面サイズのため、映画を観るには最適。雑誌を見開きで見ても十分な大きさがありますが、この場合はもう少し縦が長い方が見やすいかもしれません。キャンペーン中であれば1万円ほどで購入できますので、圧倒的なコスパを実現しています。画面の大きなタブレットが欲しいけどiPadは高くて手が出ない方にはオススメ。ただし、重量は結構ありますので、持ち歩きにはあまり向きません。パソコンほどの重さはないもののかなりずっしりとした手ごたえがあります。

FireHD8は一番バランスの取れたモデルで一番売れているモデルになります。価格はキャンペーン中で約7,000円とFire7の1.7倍ほど。高解像度のディスプレイは綺麗で見やすく、Fire7とは大きさも含めてやや差があります。価格相応と言えば相応ではありますが、もし3台のうちどれか1台買うならFireHD8をオススメします。動作も軽快でサイズも一回り大きいので使い勝手は良好。価格はFire7に比べるとやや上がりますが他の同レベルの端末と比べると十分お値打ちでしょう。

 
この3台はどれもコスパが高く、お値打ちにタブレットを買いたい方にはオススメできる端末であることは間違いありません。もちろん、所詮アンドロイド端末なので、iPadと比べると性能や操作性などは格段に劣りますが、価格差を考慮すれば納得できるレベルだと思います。3つのうち、どれにするかは用途によりますので、最後のまとめで案内させていだきます。
 

まとめ

アレクサを使いたい方、雑誌や映画などを大きな画面で見たい方はFireHD10

手軽に持ち運びできてステレオで音楽を聴きたくて色々な用途に使いたい方はFireHD8

とりあえず使えて、とにかく安いのがいい方はFire7

 

以上、3機種比較レビューをお届けしました。参考になれば幸い。それぞれの細かいスペックについては下記のAmazonのページからどうぞ。なおタイムセールなどのキャンペーンでは2,000円〜4,000円割引がありますので、そういった機会をお見逃しなく!

 

ほな!おおきに!

記事が役に立ったらこちらからAmazonを利用していただけると嬉しいです!