モテ女子と非モテ女子の違いとは?圧倒的に差がある9つのこと

おかげさまで、40代半ばのおじさんになっても時々20代〜30代のステキ女子やイケメンとランチしたり、美味しいレストランで食事する機会に恵まれています。妻や娘たちとのデートや旅行もとっても楽しいですが、たまには違う感性を持った方々と会って話をしないと精神的に老いていくような気がするので、女性だけではなく男性も含めて定期的に若い方と会って色々な話を聴くようにしています。

最近、仲良くしている女性はルックスも去ることながら、立ち振る舞いもしなやかで性格が朗らかで愛想がよく、めっちゃモテています。インスタと会話の中からの情報ではありますが、おそらくボーイフレンドがあちこちにいます。彼女がモテる理由はよくわかりますので、全く不思議はありませんが、もし自分が彼氏だったらジェラシー感じてしまうかも(笑)

一方で、全くモテず、男性と付き合ったこともないような女性もいます。プライベートでは身近にそういう女性と関わることはほとんどありませんが、世の中には全くモテず40歳を過ぎても独身という女性は大勢います。もちろん、それなりの年齢の独身女性の中にもモテる人はいますが、ほんの一握り。モテ女子と非モテ女子を比べると明らかに違いがあり、「そりゃモテるわ」「これではモテないわ」と思わず納得することがたくさんあります。

 

今回のブログは女性を敵に廻すかもしれませんがワタクシなりのモテ女子と非モテ女子の差をお伝えします。もし、「私、モテない」と感じている方は、モテ女子の行動を真似てみれば、確実にモテるようになります。ぜひ参考にしてみてください。

モテ女子:「ありがとう」と常に感謝
非モテ女子:感謝の言葉がない

一番違いを感じるのは感謝をしているか、そしてそれを相手に伝えているかどうか。モテ女子はちょっとしたことでも「ありがとう~」「嬉しい~」「助かります~」と感謝の言葉を口にします。一方、非モテ女子はほとんど「ありがとう」という言葉を発しません。まずは一言、「ありがとう」じゃない?と思うこともしばしばあります。感謝の気持ちを持っているのとそうでないのは本人にとっても、また周りにとっても圧倒的に違います。ワタクシの娘には何かしてもらったら必ず「ありがとう」と言うよう教育しています。幸せに生きていく上で、これが一番大切な気がします。

 

モテ女子:ニコニコ笑顔
非モテ女子:憮然とした表情

モテ女子は口角が上がっていて、キラキラ、ニコニコしています。一方、非モテ女子は口角が下がり、憮然とした表情。どちらが好かれるかは一目瞭然。 女性にとって一番の武器は美人かどうかよりも笑顔かどうか。愛想が良ければ色々いいことがあります。上記の「ありがとう」とともに娘にはとにかく笑顔を絶やさず愛想よく生きるように教えてています。

 

モテ女子:言葉がポジティブ
非モテ女子:言葉がネガティブ

モテ女子はいつも前向きで言葉がポジィティブなので話をしていても楽しいのですが、非モテ女子は思考が後ろ向きでネガティブなので、全く楽しくありません。むしろ、嫌な気分になってきます。言葉は「言霊」というぐらいで、発する言葉によって人となりが変わって来ます。できるだけポジィティブな言葉を使いましょう。

 

モテ女子:素直に人の意見を聞く
非モテ女子:人の意見を聞かない

モテ女子は一様に性格が素直で人の意見をすぐ取り入れます。例えば、「○○の店が美味しかった」とか「○○の美術展がよかった」などと伝えると、ほぼ速攻対応してきます。あまりの早さにこちらが驚くこともあります。一方、非モテ女子はどれだけオススメしても「それは○○だから使わない」「○○は興味ない」などと、まず動きません。もし、自分の興味のないことでも、他の人が面白い、素晴らしい、美味しいと薦めてくれたものには興味をもってみることが大切ではないでしょうか。

 

モテ女子:余計なことは言わない
非モテ女子:嫌味なひと言が多い

モテ女子は人が嫌がるような余計なことはまずいいません。一方で非モテ女子は気分を害するような言わなくてもいい一言を必ず最後に付け加えてきます。それも相手のことを思って優しく伝えるのではなく嫌味をいれつつ、ポツリと言ってきます。おそらく、これは癖なので、相当意識をしないと直らないと思いますが、気をつけたいもの。

 

モテ女子:見た目・美容に熱心
非モテ女子:見た目・美容に無頓着

モテ女子はそのままでも見た目が可愛く十分な女性が多いのですが、さらに美容にお金をかけて自分を磨いています。定期的なネイルやエステ、マッサージをはじめ、ヘアカラーも根元の色が変わる前に美容院へ行かれます。一方、非モテ女子女子はそういったことに全く無頓着。頭頂部が真っ白になっていてもしばらく放置されていたり、ネイルも全く手入れされていなかったり。美意識は爪からと言われており、男性でも爪の手入れに気を使う方も増えています。この状況を車で例えるならモテ女子女子はすでにポルシェなのにさらにチューンドパーツを搭載したり、こまめに洗車したりしている状態、非モテ女子は中古の軽自動車で、買ったそのままで洗車もせずに乗っているような状態。どちらの車に乗りたいかは言わなくてもおわかりでしょう。

モテ女子:愚痴や悪口を言わない
非モテ女子:愚痴が多く、集まれば人の悪口

モテ女子と話をしていてもまず愚痴を聞くことはありません。そして人の悪口も決して言いません。一方、非モテ女子は愚痴が多く、何人か集まると○○さんがどうしたこうしたと悪口の言い合い。自分の喋った言葉は自分に戻ってきますので、愚痴や悪口を言ったら全部自分に降りかかってきます。 仏教において克服すべきものとされる最も根本的な三つの煩悩の中にも愚痴は入っています。これも習慣なので、できるだけ愚痴や悪口は言わないよう気をつけましょう。

 

モテ女子:筆まめ
非モテ女子:筆不精

SNS全盛の昨今、連絡手段は電話ではなくLINEやメッセンジャーになっています。モテ女子はメッセージを送ったら余程忙しい時以外は程なく返信が返ってきます。一方、非モテ女子はメッセージを送っても一向に返事がありません。こちらが忘れかけたころに返信があればまだいい方で、そのまま既読スルーなこともあります。昔から筆まめな人はモテると言われていますが、SNSが発達した現代においても、それは続いています。

 

モテ女子:ピカピカの長財布
非モテ女子:くたびれた折り財布

以前講演会の受付をボランティアでしていたことがあり、その時に分かったことがあります。男女問わず身なりを含めてきちんとした方は綺麗な長財布から会費ぴったりの金額を出されます。一方、みなりがだらしなく遅れてくるような方はほぼボロボロの折り財布でおつりが必要になる5千円札や1万円札を出してきます。もちろん、すべてではありませんが高確率で当てはまりました。

私が知る限りモテ女子はみなさん綺麗な長財布を使っており、お金を大切にしています。一方、非モテ女子の方は不思議なほどほぼくたびれた折れ財布を使っています。おそらくお金に対して意識が低いのでしょう。見た目も含めて自分に投資してステキ女子になるためにはある程度のお金は必要になります。お財布の値段の200倍が収入になるという法則もあると言われていますので、財布は5万円以上の長財布を持つことをオススメします。

 

以上、モテ女子と非モテ女子の違いについてお伝えしました。上記の違いは女性だけでなく男性に当てはまることも多く、男女どちらでも参考になるはず。自分はモテないと感じている方は、ぜひモテ女子の思考や行動を真似してみてください!

ほな!おおきに!

記事が役に立ったらこちらからAmazonを利用していただけると嬉しいです!