小学校3年生の算数の宿題がめっちゃ脳トレになる?!

我が家には小6と小3の娘がおります。先日小3の次女が学校から算数の宿題プリントを持って帰ってきました。今回の宿題プリントは余り算を声に出して計算するという問題。

次女が「おとうさん、やってみて〜」というのでチャレンジしてみましたが、これがなかなか難しい。書けば簡単なのですが、割れるギリギリの数を計算し、その数を覚えておいて余りの数を引き算して計算するという手順を踏まなければならないためかなり頭を使います。


目標は1分とのことですが、1回目はジャスト2分かかりました。繰り返せば段々覚えてくるため1分ぐらいまで短縮できるような気がしますが、かなり頭の体操になります。

社会人になると余り算などする機会はそうそうないと思いますが、頭の体操がてら、ぜひ一度チャレンジしてみてください。最初から1分を切れたら相当頭の回転が速いと思います。普通の方なら2分以上はかかるのではないでしょうか。しばらくは次女と一緒に1分を切れるまで余り算を楽しんでみます!

一応、答えも貼っておきます(^^)


ほな!おおきに!