将来トリマーになりたい次女のリクエストで岡崎のわんわん動物園でトリマー体験をしてきた

次女は小さい頃から美容に興味があり、特に髪の毛を触るのが大好き。6歳の時のサンタさんのプレゼントは美容師が使う本格的なへアマネキンをリクエストして、実際に届きました(笑)届いたあとはYoutubeを見ながら髪を結ったりしてました。その後は、トリマーになると言い出して自分なりに色々調べており、先日トリマー体験ができるとの情報を入手したらしく連れてって欲しいとオファーがありました。ネットで調べたら岡崎にあるIPCわんわん動物園で9月末までの期間限定でトリマー体験を実施していることが判明し早速一緒に行ってきました。

 

わんわん動物園の入場料は事前にHPに掲載されているクイズを解くと正解の問題数に応じて割引されます。5問正解すると大人の通常料金1,240円が890円に、子ども料金は620円が470円なりそれぞれ一人350円と140円のディスカウントになります。しかしながら、この問題がかなり難しく何度もチャレンジしたのですが全問正解できず4問正解でとどまりました。それでも大人280円、子ども120円、家族4人で980円お値打ちになったので、もし行かれる方は必ずクイズに答えてから訪れましょう。

 

自宅からは約1時間ほど、10時20分に現地に到着。支払いはPayPayが使えるので3%戻ってきました。先程のクイズ割引があったので約1,000円ほどお値打ちに入場することができました。トリマー体験は12時15分からなので、2時間弱時間があり、それまではふれあい広場で餌をあげつつわんこたちと戯れていました。

 

柴犬やマルチーズ、トイプードルなど人気のわんこが10匹ほど放し飼いにしてあり犬種によっては抱っこすることもできます。しっかり手入れされているようで毛はふわふわで気持ちいい肌触り。一部ネットで「劣悪な環境で飼育されている」などと誹謗中傷が書かれていますが事実とは異なりました。やはり自分の目で確認することが大切。ただし屋根は一部しかないため夏場は確かに犬にとっても参加者にとっても厳しい環境であることは間違いありません。せめて半分ぐらいは屋根で覆ったほうがいいかもしれません。

その後はお散歩体験へ。15分550円となかなかのお値段。我が家はマンションなので犬は飼えません。犬の散歩に憧れている娘たちの願いを叶えるため申し込みました。今回選んだのはポメラニアンの「リキ」くん。

 

最初はリードを引いても全然言うことを聞いてくれず抱っこして散歩コースを歩きましたが、途中からは慣れてきたのか一緒に散歩してくれるようになりました。慣れた頃には時間が終わりましたが…。散歩は思っていたよりたいへんだったみたいで、これを毎朝しなければならないことがわかり少し飼いたい熱が下がった様子。

 

11時30分からはわんこ達によるショーを鑑賞。テーマは白雪姫と七人のこびと。よく訓練されており、プロジェクションマッピングと相まって思っていたより見応えのあるステージとなっていました。ただし入口で渡された折り紙に投げ銭を包んでくださいと言われたのには少々興ざめでしたが…。わんこにバケツを咥えさせて客席をまわった方がよっぽど集まると思います。やり方が残念。

 

そして12時15分から楽しみにしていたトリマー体験がスタート。3テーブル15名の参加者だったのですが対応するのは園長さん一人。説明しつつ、各テーブルを一人でまわるためものすごく効率が悪く、他のテーブルはボーッと待たされている状態が続いていました。人手不足なのかもしれませんが、この人数なら最低2人ないし3人は必要だと思います。30分で終わるような内容を一人で説明と対応しているため1時間近くかかりました。

 

次女はそういう対応の仕方にも敏感なので途中で少々嫌気がさしたみたい。もっとヘアカットの練習をしたかったと言っておりました。トリマー体験は無料でしたが、多少料金を取ってもいいのでスタッフを増やしてスムースに運営した方が満足度があがると思われます。

トリマー体験のプログラムは受付をしてわんちゃんのカルテの書き方やコーム、ブラシ、はさみの使い方を一通り学んだ後、ウィッグでカットの練習をしてから本番となりました。

 

本番は足先をほんの少しだけしかカットさせてもらえなかったため、次女としては満足できず消化不良だった模様。次女のイメージとしてはもう少し自由にカットできると思っていたようで少しがっかりしていました。いつもはニコニコしている次女に笑顔がなかったのが内容を物語っていました。

トリマー体験はコンテンツとしてはとても魅力的なのに運営の仕方が下手なので参加者の満足度が上がらず本当に勿体ない。やり方ひとつで子どもたちが目をキラキラさせて喜ぶコンテンツにも化けるので今後の改善を期待します。といっても我が娘たちはもう行かないと思いますが…。入口付近に本物の?!ドッグカットサロンがあり、次女はそこでカットの仕事をしげしげと眺めていました。一日1名限定でインターンみたいな見学サービスをしたら人気になるような気がします。

 

出口を出たところにはかわいいわんこグッズが並んでおり、娘たちもまんまとひっかかり、またぬいぐるみが増えました…。

 

可愛いわんこたちと触れ合えるというコンセプトはとても魅力的なのですが、わんわん動物園のスタッフのオペレーションがグダグダ過ぎて魅力が半減しています。総合案内所のスタッフも一人しかおらず、何組も待っているのですが誰も応援に入ろうとしません。少し離れたところに他のスタッフがいるのにもかかわらず全く連携が取れていません。おそらくお客様をできるだけ待たせないようにするという意識が軽薄なのだと思います。これを改善しない限りリピーターは増えないし口コミで広がりません。少し手厳しいことを書きましたが、このままではわんわん動物園がなくなってしまうような気がするので忌憚のない意見を書かせていただきました。

普段、わんこと触れ合う機会がないけどわんこが大好きな子どもにとっては魅力的な側面もありますので、ぜひ一度訪れてみてください。園の運営についてみなさんはどんな感想を抱かれるでしょうか…。

 

ほな!おおきに!