釜めしのおこげが絶品!旨くて唸る名店紹介「志津香大宮店」(直火炊き釜めし・奈良市大宮)

旨くて唸る名店紹介シリーズとは・・・
全国各地の美味しいものを食べているワタクシの舌をうならせた店のみを紹介するコーナー。値段が高くて美味しいものは世の中にたくさんありますがリーズナブルな値段で満足させてくれる店はそう多くはありません。食べた後に喉が渇かないことも選択基準のひとつ。そういったお店を中心にポツポツ紹介しております。ハードルは相当上げておりますので絶対にハズレはありません。自信を持ってオススメします。

 

 

夏休みの旅行は毎年、叔母が住んでいる福井へ海水浴がてら行っているのですが今年は海の家も開かないとのことなので中止にして行き先を変更することにしました。

色々思案した結果、7月22日にオープンした日本初のJWマリオットホテル・奈良へ泊まることに。今回も春休みに続きホテルに巣ごもりすることにしました。出かけるのは基本的には食事の時のみ。高級ホテルに滞在するライフスタイルは妻や娘たちには大好評。ちなみにアメックスSPGカードの特典で宿泊しており一切宿泊料金はかかっていません。

食事処はGoogleMapと食べログで検索していくつか候補を選び妻と娘たちの意見を聞きつつ決めしました。二日目の昼食は以前から一度行きたいと思っていた釜めしの志津香へ。GoogleMapでのレビュー数は688件で4.3点とかなりの高得点。JWマリオット・ホテル奈良からは歩いて10分ほどの場所にあります。

 

奈良公園の前にある店はいつも大行列ですがこちらの大宮店は立地の関係でそこまで混雑していません。ただし注文してから炊き上げるため、いきなり訪れるとかなり待たされるので事前に予約をいれておきました。

 

店舗は日本家屋の素晴らしい佇まい。外観を見ただけで美味しいことがわかります。こういうお店は絶対にハズレはありません。色々店をまわっていますが美味しい店の店構えやインテリアには共通点があります。

 

今回は釜めしを単品で事前予約しました。えび、かに、穴子、若鶏、ごぼう、人参、竹の子、椎茸、三つ葉が入った「奈良七種釜めし」を2つと「若鶏釜めし」「えび釜めし」を注文。予約してあったので店に到着して約10分ほどで釜めしが運ばれてきました。

 

炊きたてなので蓋を開けると湯気が立ち上ります。まずはしゃもじに軽く2杯ぐらい茶碗に取り、すぐに蓋をして残りをじっくり蒸らします。これによりおこげができるとのこと。

 

最初によそった分を食べ終わって蓋を開けると釜のまわりにうっすらとおこげができていました。こそげとるように茶碗によそいます。そして最後は底にできたパリパリのおこげをいただきます。

 

これが絶品!1杯目、2杯目、3杯目とそれぞれ味の変化を楽しめます。ただし櫃まぶしを知っている名古屋人としては最後の一杯はダシをかけてお茶漬けにしたい…と思いました。オプションでないかと探しましたが見当たらず。ぜひ最後の一杯をダシで食べるのを教えてあげたい(笑)

予想通りではありましたが、今まで食べた釜めしの中では一番美味しくて唸りました。ご飯そのものも美味しいのですが味付けが最高。薄味なのですが奥が深くていやはや旨い。赤だしも漬物もめちゃウマ。特に大根の漬物はめちゃくちゃ美味しくてもっと食べかった…。

ボリュームはかなりありますのでお子さんが小さい場合は二人で一つでいいと思います。娘たちも「お腹いっぱい!」とほんの少しだけ残したのでワタクシが平らげました。おかげでワタクシもお腹いっぱいになり久しぶりの満腹状態に。天ぷらなどが付いた定食にしようか迷いましたが絶対食べきれなかったので単品で正解だったと思います。

なお支払いは電子マネーはアメックスやJCBが使えずVISAかマスターのみ。あとはPayPayとD払いが使えます。美味しい釜めしが食べたくなったらぜひこの志津香を訪れてみてください。きっと満足いただけます。

ほな!おおきに!