ゴルフの飛距離と安定性アップに効く練習器具を発見!「パワースウィング II」レビュー

毎週1,2回ゴルフの練習をしています。最近はてらゆーさんのYoutube動画でポイントを学びつつ、自分のスイングを動画で撮影して確認、修正をしています。おかげでかなりスイングもキレイになり打球も安定してきました。アイアンはほぼ真っ直ぐ飛ぶようになり、あとはドライバーの飛距離アップと安定性アップが課題となっていました。

 

そんな折、関連で出てきたYoutube動画を見ていたら、「パワースウィング II」という面白い練習器を発見。シャフトに大きな羽が付いていて空気抵抗を利用した練習グッズ。この方はこれを使って素振りをして半年で250ヤードから320ヤードまで飛距離が伸びたとのこと。この「パワースウィング II」とヘッドのない軽いシャフトをそれぞれ思いっきり振ることによりスイングスピードのリミッターが外れるので飛距離が格段にアップします。

 

この方曰く、プロの松山英樹選手もこの手法を取り入れており、飛距離と安定性が上がり効率よく飛ばせるようになるとのこと。早速、調べたところAmazonで類似品が安く売っていました。これにしようかと思いましたが、折り畳みができないパチモンだったので折り畳みができてコンパクトに収納できる正規品を購入。価格差は2倍ありますが長く使う予定なので本物を買いました。

ほどなく届き、早速練習場で試してみました。

 

羽部分はスライドすることにより折り畳めるような構造になっておりとてもコンパクトになります。組み立ては簡単。羽に番号が書いてあるので①から順番に溝に沿って奥にスライドさせていきます。②は90度ずらし、③はさらに90度、④も90度ずらして完成。ロケットのような見た目になります。

 

折り畳んだ状態にすれば若干シャフトははみ出るものの、横幅はちょうどキャディバッグの横のポケットに入ります。

 

この羽根により空気抵抗が発生し抵抗を感じながら、しっかりと体幹を使ったスウィングの練習を行うことができます。かなり空気抵抗があるので手打ちではなく身体の捻転でスウィングする動作が身につくとともに、筋力アップによる飛距離アップが期待できます。

 

こちらはもう一つの練習に使うヘッドのないシャフト。

まだ使いはじめて一週間ほどですが明らかにスイングが変わってきました。以前よりグッと腹筋に力を溜めて腰を使ってスイングするようになり安定度が増しています。飛距離は計測していないのでまだわかりませんが、二週間ぐらい経ったらトップレーサーのある大江グランドゴルフで計測してみます。

ドライバーの飛距離がもう少し欲しい方、体幹を使った安定したスイングを身につけたい方は、この「パワースウィング II」を使ってみてください。

 

ほな!おおきに!

記事が役に立ったらこちらからAmazonを利用していただけると嬉しいです!