富山県高岡市でゲストハウスに泊まるなら「Travelers’ house ROOTs」がオススメ!







先日、氷見市とHIS主催の「氷見ではじめるラーニングツアー」に参加してきました。

観光は一切無くて、ワーケーションや氷見市を活性化することに興味を持った方々との交流が中心。講師の尾野 寛明氏の講演を聴いたり、ワークショップをしたり、氷見市の商店街を訪ねたり、有意義で楽しい時間を過ごしました。

集合時間が11時40分とかなり早く名古屋からだと間に合わなかったので前日から富山へ入りました。

移動は「きときとライナー」で高岡駅へ。

今、日本で一番面白くて魅力ある都市「富山」へ!名古屋から行くには「きときとライナー」がオススメ!

 

その日は夜に高岡市内でイベントがあり参加することになっていたのでゲストハウスの「Travelers’ house ROOTs」へ宿泊しました。

前回、富山市内で宿泊したときは「いるかホステル」へ宿泊し、ここもとっても居心地がよくてリピートしたいゲストハウスのひとつ。

富山駅周辺で一人で泊まるならこの宿がオススメ!面白い人と出会えるかも?「いるかホステル」

 

今回宿泊した「Travelers’ house ROOTs」は高岡駅前から徒歩5分のところにあるゲストハウス。

中心市街地で関野神社が鎮座する高の宮通りの中ほどにあります。

 

絶品の寿司が食べられる「日乃出寿司」の目と鼻の先にあります。

富山の地魚の絶品寿司が味わえる!美味しくて唸る名店紹介「日乃出寿し」(寿司・富山市高岡)


コンビニは駅前にしかなく少し離れているので、何か必要なものがあれば事前に購入しておくことをオススメします。

Travelers’ house ROOTs」はできてまだ間もないこともあり、新しくてピカピカでモダンなインテリア。

入ったところにある共有スペースでは、大きなテーブル席に座ってゲスト同士の交流を楽しんだり、カウンター席に座って作業に集中することも可能。

今回は金曜日だったこともあり、このスペースにいたのは二人だけでしたが、日によっては数名の方々が集うとのこと。

 

キッチンがあり、調理道具やカトラリーもありますので、自炊可能。

 

広々としたカプセル型のベッドは、通常の2段ベッドと比べて、周りからの音や視線が気にならず、落ち着いた時間を過ごすせます。

 

マットレスはかなりいいものを使っており、厚みがあり、身体をしっかりと受け止めてくれます。

 

ベッドの下にはキャリーケースなどを収納するスペースがあります。

 

シャワールームは湯量がたっぷりで快適。

 

バスタオル、パジャマなどは有料レンタルがあります。アメニティーは充実しており急に宿泊になった場合も、長期の宿泊になった場合も安心して宿泊できます。

 

バスタブはありませんが、歩いて4分ほどの場所に「サウナ松乃湯」がありますので、ゆっくりお湯に浸かりたい方、サウナでリフレッシュしたい方はこちらへどうぞ。

 

洗濯機があるので、長期の滞在でも大丈夫。

 

洗面台は3つありますので、余程のことがない限り混み合って待つようなことはありません。ドライヤーも完備されています。

 

また国内外のガイドブックが揃っているので,コーヒーを飲みながら旅の計画を立てるのも楽しそう。

 

Travelers’ house ROOTs」はそれぞれの目的に合わせて、落ち着いてゆったりとした時間をすごせるゲストハウス。

女性もちらほらおられましたので、男女問わずオススメ。

宿泊料はダイナミックプライシングでワタクシが宿泊したときは2,800円とリーズナブルな価格設定になっていました。

一人で高岡市内に宿泊するならぜひ「Travelers’ house ROOTs」を利用してみてください。

 

ほな!おおきに!

記事が役に立ったらこちらからAmazonを利用していただけると嬉しいです!