未来のあたりまえをインストールするWebマガジン「So-gúd(ソウグウ)」の記事の撮影をしました!








以前、富山で参加したイベントのワークショップで中瀬幸子さんという女性経営者と偶然同じテーブルになり、色々話をしていたら意気投合し、それから色々とお世話になっています。

職場に招いていただいたり、色んな方々を紹介してくれたり、本当に感謝しかありません。

中瀬さんは大学卒業後、富士ゼロックスでサラリーマンをされていましたが、ほどなくAvintonジャパン株式会社を設立して今年で13年目になります。

メインの事業はビッグデータとAIソリューションの設計・導入を得意とするITコンサルティング会社であり、時代の最先端の技術を取り入れつつ進化しておられます。

2児の母でありながら、仕事もバリバリこなして、本当にパワフル。

ワタクシたちにとっても「おかん」的な存在として親しまれています。

先日、会社に招いていただいた際、ちょうどWebマガジンの「So-gúd(ソウグウ)」のインタビューがあり、同席させていただくことができました。

So-gúdの社長とインタビュアー兼ライターの方が来られていたのですが専門のカメラマンがおらず…。

インタビュアーの方が「私が写真も撮ります」とのことだったのですが、ちょうどその時は撮影の仕事のため機材を持ってきていたので、「もしよかったら、撮影させてください!」と申し出たら快く承諾いただきました。

アイキャッチ画像ほか、インタビュー中の表情など何カットか撮影し、記事で使っていただきました。

中瀬さん本人にも写真を気に入っていただき、カメラマンとして感無量。

インタビューを聞いていたら中瀬さんの行動理念が素晴らしすぎて感動…。

思わずウルッと来るほど。

ワタクシがあと20歳若くて頭脳が優秀だったら、絶対ここの会社で働きたいと思いました。

そんなインタビューの内容はぜひ、こちらのリンクからどうぞ。

「大切なことは自分らしさの追求」ーーービッグデータソリューションとAI技術で幸せなキャリアを提供するAvintonジャパン株式会社・代表取締役・中瀬氏にとっての新しい当たり前とは?


 
今後、AIやビッグデータの分野はまだまだ伸びますし、人材不足が顕著なので、今から学んでおけば将来困ることはありません。

Avintonジャパン株式会社ではプログラミング学習の場として「Avintonアカデミー」を無償で提供しています。

また、「Avintonアカデミー on Campus」では、実践的なIT技術や応用AI、キャリアデザインなどの専門的な講義を行っています。

大学キャンパスの訪問やオンラインの学習コンテンツなどを提供し、産学間の有意義な交流を通じて、学生たちに将来について考えてもらうことが目的。

経験豊富なエンジニアやマネージャーが実体験を語り、多様な仕事の可能性を学生たちと懇談し、相互の理解を深めていきます。

Avintonアカデミーに参加することにより、学生たちが卒業後のキャリアをイメージするきっかけや、AIに淘汰されないエンジニアが増えることを願っています。

さらに地方にもITビジネスの雇用を作るための活動を行っており、全国各地に雇用を生み、ITで盛り上げて、地方を元気にしていくことを目的としています。

興味がある方はぜひ公式サイトを覗いてみてください。

 

もし、お子さんが学生で何をしたいかがわかならい、今後生きていけるスキルを身につけたいと思っているならAvintonジャパン株式会社は超絶オススメ。

また、未来のあたりまえをインストールするWebマガジン「So-gúd(ソウグウ)」はテック系の話題を中心に面白く興味深い記事がアップされていますので、他の記事もぜひ、ご覧ください!

 

ほな!おおきに!

記事が役に立ったらこちらからAmazonを利用していただけると嬉しいです!