サクラスリングPOPUPショップ開催!サクラスリングの7つの素晴らしい特徴を挙げてみた

以前からカメラストラップとして愛用しているサクラスリング。抱っこ紐からヒントを得て作られたストラップで最近はスマホ用のストラップなどのラインナップも増えて大人気となっております。

ワタクシが9月にスポーツ・ゴルフ売場に異動になりフロアにイベントスペースがあるので作者の杉山さくらさんに出店のオファーをしたところ、快く引き受けていただき、1月半ばの三連休に合わせてPOPUPショップを展開いたしました。

 

 

連日、さくらさんのファンをはじめ、ワタクシがお声掛けしたお友達にも来店いただき初回としては上々の滑り出しとなりました。サクラスリングの発売当初は女性のユーザーが多かったのですが最近は男性ユーザーが増えており、今後は婦人用品や紳士用品、雑貨売場など人通りの多い場所で展開すればバカ売れしそうな予感がします。

 

サクラスリングにはいくつもの素晴らしいメリットがあり、今回は7つの特徴を紹介します。

カメラが軽く感じる

サクラスリングはストラップか幅広で重量を分散してくれるので重たい一眼レフカメラでも苦になりません。カメラに付いてる標準の細いストラップに比べるとおそらく1/3ぐらいの体感重量になります。女性がカメラをはじめても重さがネックになって持ち歩かなくなり、そのままタンスの肥やしになることが多々ありますがこのサクラスリングを使えば「一眼レフカメラは重たい」というウィークポイントはほぼ解消できます。

例えるならキヤノンのEF70-200mmF2.8LのレンズがEF70-200mmF4Lぐらいの重さになる感覚といえばわかっていただけるでしょうか。マニアック過ぎてわからないか…(笑)本当に体感重量が驚くぐらい軽くなるので売場で試された方はみなさん驚かれます。

カメラを保護できる

サクラスリングには両端の内側にポケットがあり、ここに一時的にレンズを入れたり、ペットボトルを入れたりすることができます。カメラをしまう時にはここにレンズとカメラを包むようにして包めば完全にカメラを保護することができます。生地の厚みもあるため多少硬いものがぶつかっても全く本体には影響がありません。また急に雨が降ってきた時などに包めば濡れるのを防ぐことができます。

 

オシャレで目立つ

サクラスリングは様々な色柄デザインがあり、女性向けのデザインはかなりカラフルで映えます。さくらさんがチョイスするデザインはどれもオシャレでセンスがいいのでスカーフとして使っても全く問題ありません。

ワタクシが購入したサクラスリングは代官山のセレクトショップ「ギャルデコレクティブ」とのコラボデザインで写真家の大門美奈さんの写真をプリントしたものになります。通常のサクラスリングの1.4倍ほどの価格ですがひと目で気に入ったので清水の舞台から飛び降りて購入しました。素材も含めてクオリティが高いのでとても気に入っています。価格分の価値は十分にあります。

 

世の中にカメラストラップは色々ありますが、サクラスリングよりオシャレかつ機能的なストラップはありません。唯一無二の存在であり、本当に素晴らしい発明だと思います。

 

ポーチ代わりになる

根本の部分にファスナー付きポケットがあり、レンズキャップやSDカード、女性であればリップなどちょっとした小物を入れることができます。これが意外と便利で、こういった細かい気遣いは女性ならではの着眼点。

 

洗濯ができるので清潔に使える

サクラスリングは丸洗いできるので夏場など汗をかいて汚れても洗濯すればキレイになります。通常のサクラスリングの素材はポリエステルなので乾燥も早くあっという間に乾くのもメリットのひとつ。ワタクシのサクラスリングはアンカーリンクスを付けているので取り外しもすぐできて簡単に洗うことができますが素材は綿なので乾燥はやや時間がかかります…。

スカーフ代わりに使えて日除けにもなる

サクラスリングは幅が広く首にかけてスカーフ代わりに使うこともできます。夏場に首を日焼けしたくない方にはうってつけ。つばのある帽子と組み合わせれば首周りの日焼けはほぼ防ぐことができます。スマホ用のストラップは少し幅が狭めではありますが、それでも十分日焼け対策になります。

 

ユーザー同士が仲良くなれる

特徴的な形も含めて、ひと目でサクラスリング愛用者であることがわかるためユーザー同士ですぐに仲良くなることができます。先日も全くカメラとは関係ないイベントでサクラスリングをしている女性と遭遇し、その場で盛り上がりました。サクラスリングを利用しているとこういったメリットもあります。

2月11日に杉山さくらさんとご一緒する撮影会が鳥羽であるのですが、20名のサクラスリングユーザーが集まるのは見た目にすごいインパクトのような気がします。今からとっても楽しみ。
※このイベントは既に満員御礼でキャンセル待ちとなっております
 

以上、サクラスリングの素晴らしい7つの特徴をお伝えしました。もしあなたが一眼レフカメラを持っているならぜひサクラスリングを試してみてください。きっと他のストラップは使えなくなります。価格はMサイズで14,980円、Lサイズで16,980円とカメラストラップとしては高額なのですが、それだけの価値は十分にあります。スカーフならこのぐらいの価格のものは普通なのでカメラストラップという視点ではなくファッションアイテムとして考えてみてはいかがでしょうか。ワタクシも最初サクラスリングに出会った当初はこの価格に躊躇してなかなか手を出せなかったのですが購入して本当に良かったと思います。今では他のデザインも欲しくなっておりレンズ沼と同様とても危険な香りがします(笑)

サクラスリングは名古屋であればヨドバシカメラ名古屋松坂屋店、ビックカメラゲートタワー店ほか、ネット通販でも購入することができます。1月25日(土)、26日(日)は杉山さくらさんがヨドバシカメラ名古屋に来店されますので、機会があればぜひ立ち寄って実際にサクラスリングの素晴らしさを体験してみてください。

 

ほな!おおきに!