あなたの自宅に神棚はありますか?なければ今すぐ置きましょう!

2020年もすでに半月が過ぎました。毎年恒例になっている熱田神宮の御垣内参拝も終わり、おみくじは「吉」とまずまずの結果となりました。

 

熱田神宮は元旦の夜遅くにも訪れましたがその時間でも大勢の参拝客で賑わっていました。毎年、暖かい正月を迎えておりこのまま温暖化が進むとTシャツで初詣なんてことになるかもしれません(笑)。

さて皆さまの自宅に神棚はありますでしょうか。日本人は無宗教な方が多いですが新年になったら初詣に神社に行く方がほとんどではないでしょうか。特に宗教がないという方で神社へ参拝に行く方はほぼ神道だと思われます。かく言う私も特定の宗教は持っておりません。若い頃はこういったことに無頓着だったのですが8年前に神棚を設けました。知り合いにオススメされたこととまた歳を重ねると段々感謝することが増えてきて、その時に感謝する場所として神棚を置くことにしました。

自宅は賃貸マンションのため大きな神棚は置けないので壁掛けの小さな神棚にしました。熱田神宮で購入した御札が4枚まで入るコンパクトな神棚。設置してからは毎朝「水」「米」「塩」をお供えしてから手を合わせるようにしています。朝早くでかけた時など時々神棚に手を合わせるのを忘れることもありますがその時は帰宅してから手を合わています。

 

天井には「雲」と書いた紙を貼ってあります。マンションなど上の階がある場合、これは決まり事ですが意外と知らない方が多いのでもし貼ってなければ神棚を置いてある真上に貼りましょう。ワードなどで適当な行書体で印刷するのが手軽で簡単ですが書道に自信のある方は筆で書いてみるのもいいかもしれません。神棚の中には伊勢神宮の天照大御神の御札と氏神様の熱田神宮の御札の2つを入れています。伊勢神宮の御札は最強ですが氏神様も大切にしましょう。

 

神棚を置いてから8年以上経ちますが大きな病気や怪我、事故などもなく幸せに暮らせています。これはひとえに毎月1日に熱田神宮へ朔日参りしているのと毎日神棚に手を合わせて感謝していたからだと思います。神棚に手を合わせると心が落ち着き平常心を保てます。

熱田神宮にはサイズ違いで数種類の神棚がありますので住まいにあった大きさのものを選んでみてください。自宅にまだ神棚がない方はぜひ購入を検討してみてはいかがでしょうか。平穏無事な生活が送れると思います。

ほな!おおきに!