オーストラリア大規模森林火災復興支援チャリティ撮影会開催します!

先日、オーストラリアのニューサウスウェールズで起こった大規模火災は広範囲を焼き尽くし、多くの命を奪いました。すでに韓国と同じ大きさに匹敵する1,030万ヘクタール以上が消失しており、消火にあたっていた消防士を含む27人が死亡。とくに犠牲になっているのは哺乳類、鳥類、爬虫類などの野生生物で、約10億匹が被害に合い深刻な状況となっています。

被害を受けたエリアからはひどい火傷を負ったコアラやカンガルーなどの動物が多く保護されているほか、焼け野原となった火災後の現場からは、逃げ遅れた動物の亡きがらが多く回収されています。

森林火災の原因と言われているのが地球の温暖化。近年、オーストラリアでは50度以上になることがあり、乾燥と高温により発火し火災が発生しまたたく間に広がったと言われています。昨年から地元の消防士たちが温暖化による火災の危険性を政府に提言していたにも関わらず何も対応しなかったことが今回大規模な森林火災になった一因とも言われています。またモリソン首相が火災が発生している時にハワイへ休暇旅行していたため非難が殺到しています。どこの国でも政治家は似たようなことをしていてなんとも残念…。

その一方で今でも地元の消防士たちがほぼボランティアで消火活動や救護活動を行っておられます。動物たちの救護や復興までには時間もお金もかかりますので、何とか災害支援を行いたく、SNSや名刺などにお使いいただけるプロフィール写真のチャリティ撮影会を開催することにしました。基本的には公園でのロケハンですが要望があれば事務所や希望の場所で撮影いたします。

いただいた代金については全額をオーストラリア森林火災災害支援へ寄付いたします。もし、個人的に寄付したい方や場所があれば証明できるものを提示いただいても結構です。所定の撮影場所は熱田区にある神宮東公園になります。時間は日が昇りきらない午前8時半〜9時過ぎぐらいを予定しておりますが希望があれば他の時間も対応可能。日にちはリクエストいただいた日にちでワタクシの都合が合えばいつでも大丈夫。

 

撮影にかかる時間は20〜30分ほどになります。後日、3点以上のJPGデータをお渡しいたします。参考までに以前チャリティ撮影会にて撮影させていただいた方々の画像を掲載いたします。

 

 

 

 

プロフィール写真は2年おきぐらいに変えないと会ったときに「えっ?!」と思われることがあります。時々かなり前の若い写真を使っておられる方がみえますが会って違和感を感じることがありませんか。また写真加工アプリなどで極端にレタッチすると実際に会ったときのギャップにドン引きすることもあります。ワタクシの写真は明るさや色調などを整えるため現像はしますがシワを取ったりするレタッチは一切いたしません。ぜひこの機会にプロフィール写真の撮影をしてはいかがでしょうか。

寄附金はいくらからでも構いませんが、復興支援に役立つような常識的な金額でお願いします。お友達を誘っていただいても構いませんし、家族写真の撮影でも結構です。できるだけ多くの方に参加いただき、支援金を増やしたいと思います。

申し込みはひとまず1月末までとさせていただきます。撮影については2月下旬まで受付いたします。

お申し込みはFacebookに直接メッセージをいただくか、ブログ「ノマサラ」のお問い合わせページからお願いします。一人でも多くの方々に参加いただき、素敵なプロフィール写真を撮って災害支援できるよう、ご協力お願いします!

ほな!おおきに!