1本3,000円でもバカ売れしているシャープペンシル「オレンズネロ芯径0.2mm」を使ってみた

発売直後から中高生を中心に大人気でなかなか手に入らないぺんてるの「オレンズネロ」。部品点数が多く、1本1本手作りのため需要に供給が追いついていません。このオレンズネロはノック1回で芯が出続ける上に、芯が折れません。芯径は0.3mmと0.2mmがあり、どちらも極細なのですが折れることなく書き続けることができます。

 

オレンズネロ商品紹介

 

先日、たまたま訪れた文具店に置いてあり、0.3mmか0.2mmのどちらを買おうかは迷いましたが買うことに迷いはなく即購入。文具王のフミヒロ氏のアドバイスで0.2mmを購入。

セミグロスブラックにゴールドでデザインされたパッケージは高級感が漂います。

 

前軸と後軸は12角で肌当たりがよく、転がりません。前軸には滑り止めのためエンボス加工が施されています。

 

0.2mm芯はこのオレンズネロが出るまで高価でしたが、最近入っている芯の本数が倍になり実質半額ほどになりました。

 

0.5mm芯と0.2mm芯の比較。0.2mm芯はめちゃくちゃ細い。太めの髪の毛が0.1mmと言われているので、それに近い太さ。気をつけないとすぐに折れてしまいそう。

 

実際に文字を書いてみました。上が0.5mm芯で書いた文字、下がオレンズネロの0.2mm芯で書いた文字。超絶細かい文字を書くことができます。

 

重量は162gとずっしりとした程よい重さ。前後のバランスのがいいので持ちやすく書きやすい。素材は金属とプラスチックの混合素材。

 

今まで体験したことのない極細の文字を書くことができます。しかもノックせずにいつまでも描き続けることができますので、中高生に人気なのも納得。

 

オレンズネロを使う前にパッケージの中にあるQRコードからアクセスし正しい使い方を学ぶことができます。芯を替えるタイミングが重要。下手をすると芯がつまり故障します。

オレンズネロの使い方サイト

Amazonではプレミアがついて5,000円以上の価格がついています。しばらくはこの状態が続きそう。

来年の紙の手帳は何を使おうかまだ迷っていますが、このオレンズネロで書き込んでみるつもり。もし、店頭でこのオレンズネロを見かけたら即買いの一品!!

ほな!おおきに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です