毎月1日は朔日参りに行こう

毎月1日は必ずお詣りへ行ってます。

いわゆる朔日詣り。かれこれ5年目の習慣。

昨年は一回も欠かさず12回達成。今年も元旦、2月1日にお詣りしました。大きな病気も怪我もなく一年乗り切れたのは朔日詣りのおかげでしょうか。

私は歩いていける近くの熱田神宮にお詣りに行きます。自宅に近い氏神様にお詣りに行きましょう。

行くなら早朝がオススメ。ピンと張り詰めた空気の中、静かな環境でお詣りできます。
最近は日中行くと某国の観光客がいっぱいですが、さすがに早朝は減ります。

本日も朝7時前から気の置けない友人と素敵な時間を一緒に過ごせたことに感謝しながら参拝してきました。ここ最近いつもこのパターンで参拝しております。

本日は境内であつた朔日市が開催されます。第二回目で今回もあつた蓬莱軒、きよめ餅総本家、妙公園と名だたる名店が20店舗ほど並びます。

面白いのは各店通常の定番商品は販売しないという点。前回あつた蓬莱軒は櫃まぶしではなく餡かけ焼きそばを提供していました。とても美味で美味しい店は何を作っても美味しくできるんだと思った次第。今回はどんなものが並ぶのか楽しみ。

  
今年もはや2ヶ月が経ちました。あっという間。一年、ひと月、一週間、一日、一時間、一秒を大切にしないと。

先日とある経営者の方が賽銭は11,111円入れると言ってました。縁起担ぎだと思いますがなるほどと思うこともありました。何万人、何千万人の中から神様に見つけてもらうにはこのぐらいの気合が必要だと。エッセンスだけ真似て今回は111円入れてみました。何事も真似ることは大切だと昨日読了した「行列請負人の頭の中 大ヒットは「真似」と「組み換え」から生まれる」にも書いてありましたから。さてどんな未来が待っていることやら。

ほな!