懐かしいけど新しい!新発売のニンテンドースイッチ版「R-Type Dimensions」をプレイしてみた

ニンテンドースイッチ向けダウンロードソフト「R-Type Dimensions」(アールタイプ・ディメンジョンズ)が2018年11月29日に発売されました。夏に発表があってから発売を楽しみにしており、やっと遊べるようになりましたので早速プレイしてみました。

価格は発売前にダウンロード予約をしたので20%オフの1,200円で購入できました。

ニンテンドースイッチは小学生の娘が欲しいと言い出して買ったもの。娘たちはスプラトゥーン2で遊んでいますが、筆者はハマれずほとんど手にすることはありません。やっと「R-Type Dimensions」が発売されて遊べるゲームができました。

横スクロールシューティングには数多くの名作が登場しましたが、その中でも特に大きな存在感を放つ代表的な作品のひとつが、『R-TYPE』。攻防ともに大きく活躍する「フォース」を使いこなす斬新な戦い方や、一画面に収まらない巨大なボスが登場するなど、当時のSTGファンに衝撃を与えた一作として今も語り継がれています。

「R-TYPE」と「R-TYPE Ⅱ」の二本をベースにオリジナルのアーケード版を忠実に再現した「クラシックモード」や、美麗なグラフィックで表現する「3Dグラフィックモード」があり、3Dモードは超美麗な画面で楽しめます。元祖R-TYPEからの進化っぷりを実感できます。画質のクオリティが凄すぎて、いやはや感動します。さらに画質だけでなく、サウンドも超絶進化しており、3Dモードのバージョンではメロディラインは同じですがオーケストラのようなBGMが流れます。

最新の3Dモードとクラシックモードのキャプチャ画面を交互に紹介します。まずはR-TYPEからどうぞ。

ここからはR-TYPEⅡのキャプチャ画面をどうぞ。

プレイモードには残機無限の「インフィニティモード」、2人同時プレイが可能な「マルチプレイモード」など、多彩な要素を搭載。インフィニティモードは何度やられてもすぐに復活するので誰でも最終面までクリアできます。さらに左側のマイナスボタンを押せばいきなり最強パワーアップ機能が何度も使えるので超気持ちいい!

すでに「R-TYPE」と「R-TYPE Ⅱ」をインフィニティモードでクリアしました。ノーマルモードでは絶対にクリアできませんが、インフィニティモードがあれば、シューティングゲームの上手でない方でも十分楽しめます。

アラフィフ、アラフォー世代には懐かしい「R-Type Dimensions」、ぜひ楽しんでみてください!

ニンテンドースイッチ「R-Type Dimensions」概要

・ジャンル:シューティング
・発売元:株式会社Tozai Games
・移植・開発:株式会社エスカドラ
・配信開始日:2018年11月29日
・配信形態:Nintendo eShopダウンロード専売
・プレイ人数:1~2人(オフライン)

・「R-TYPE」全8ステージ、「R-TYPE II」全6ステージを完全収録
・往年の名作を美麗なグラフィックで楽しめる「3Dグラフィックモード」を導入
・3Dグラフィックモードではサウンドもフルアップグレード
・3Dと2Dグラフィックをゲーム中にワンボタンで切り替え可能
・オリジナルのアーケード版を忠実に再現した「クラシックモード」
・残機無制限、その場復活、ステージセレクト対応の「インフィニティモード」
・インフィニティモードではスローモーション機能、最強パワーアップ機能を使用可能
・2人同時プレイが可能な「オフラインマルチプレイモード」
・オンラインランキング
・キーコンフィグ
・ゲームプレイ統計情報 など

ほな!おおきに!