ディズニーのエンターテイメントをてんこ盛りにした自己啓発書のような映画 映画評「シュガー・ラッシュ:オンライン」

友人に映画をこよなく愛する方がおられます。通称「ブッシュ」氏。筆者は今年年間映画100本を観る目標を立てて達成しましたが、そのほとんどは自宅での鑑賞。映画館で観たのは1割ほど。一方、ブッシュ氏は先日までで66本ですがおそらく全て映画館での鑑賞。いわゆる旬の映画だけを鑑賞されています。難易度は言うまでもなくブッシュ氏の方が上でしょう。

観た映画はFacebookで投稿してくれており、つままらない映画はつまならい、面白い映画は面白いと正直に書いてくれているため観る際にとても参考になります。ブッシュ氏がオススメする映画は絶対にハズレはありません。

先日、投稿されていて『今、観ておかないと「旧くなる映画」ではないかとも感じるだけに、映画ファンの諸兄姉には是非ともご覧になってほしい一作ですなぁ~。めちゃお奨め! (^^)/』と絶賛していたのが、今回紹介する「シュガー・ラッシュ:オンライン」。

 

『ズートピア』の監督が贈る、ディズニー・アニメーション最新作で「映画を超えた究極のエンターテイメント・パークへ!」というキャッチコピーがついています。ズートピアも相当良かったし、ブッシュ氏が絶賛しているので、つまならいということはあり得ません。早速、その場で映画館を予約して子どもたちと観に行くことに。

 

一作目の「シュガー・ラッシュ」は全く知らなかったので、何の知識もなく鑑賞しましたが、全然問題ありません。すんなり映画の中に入り込めます。2というよりは主人公が同じだけで、全く違うストーリーなので1作めを観ていなくても大丈夫。

アニメーションの完成度はおそらく世界一。子どもたちは「カーチェイス」の場面が一番興奮したみたい。確かに手に汗握るシーンの連続でワクワクしました。

合間合間にでてくる他の映画の有名なキャラクターたちにも心をくすぐられます。スター・ウォーズファンの筆者としてはC-3POやストームトルーパーが出てくるシーンは堪りません。また、Disney映画のプリンセスが一同に会するシーンはなぜかわかりませんがとっても感動します。

内容はインターネットとは何かをわかりやすく擬人化して説明しつつ、どのように人生を生きていくかを説いた自己啓発書を読んでいるかのようなストーリー。インターネットの仕組みや動画で儲かる方法、ネット広告や検索、ウイルスとはどういうものなのかが子供でもわかるように描かれています。

全く説教臭くない自己啓発的ポイントは下記の通り

・居心地のいい場所は楽だけどつまらないし成長しない
・不安や恐怖があっても未知の領域にチャレンジすることが大切
・好きなことを仕事にする
・ワクワクすることを選択する
・本当の友人は新しいチャレンジに対して応援してくれる
・不安に思う心は悪い影響を及ぼす
・頭を使えばインターネットで稼ぐことができる

 

もっと、他にもあったような気がしますが、映画館はスマホでメモができないので、記憶にあるのはこのぐらい…。

今回は子どもたちと一緒だったので吹替版で鑑賞しましたが、声優のみなさんが上手な方ばかりだったので全く違和感を抱かずにどっぷり映画の世界にハマることができました。映画によっては声優が目立ちすぎて全くストーリーが入ってこないものもあります。例えばミニオンズのグルー役の笑福亭鶴瓶のようにあまりに本人の個性が強すぎると気になりすぎて入り込めません。

Blue-rayが発売されたらもう一度じっくり字幕版で鑑賞してみたいとは思いますが、家族で観るなら吹替版をオススメします。

インターネットの世界は日進月歩なので、5年経ったら「情報が古い!」と思ってしまうかもしれませんが、現時点では的確にネットの代表的な事柄をわかりやすく描いてくれているので、小学生ぐらいの子どもにネットとは何かを知ってもらうには素晴らしい教育商材でもあります。

その時だけスカッとするアクション映画とは一線を画した、人生の生き方を色々考えさせられる作品ではありますが、そういったことを抜きにしても楽しめるエンターテイメント作品。この冬休みはぜひ家族で映画館へ「シュガー・ラッシュ:オンライン」を観に足を運んでみてください。

小5と小2の娘たちは鼻をすするほど泣いてましたので、きっと感動していたのだと思います。大人の私も何度かホロッとさせられました。

大人だけで観に行くなら「ボヘミアン・ラプソディ」か『A STAR IS BORN アリー/スター誕生』がオススメ。なお、これらの映画を観る際はぜひiMaxレーザーやドルビーアトモスの映画館で鑑賞してください!

「シュガー・ラッシュ:オンライン」予告編

 

概要 公式サイトより

好奇心旺盛でワクワクすることが大好きな天才レーサーのヴァネロペと、ゲームの悪役だけど心優しいラルフ。大親友のふたりは、アーケード・ゲームの世界に暮らすキャラクター。
そんなふたりが、レースゲーム<シュガー・ラッシュ>の危機を救うため、インターネットの世界に飛び込んだ!そこは、何でもありで何でも叶う夢のような世界――。しかし、思いもよらない危険も潜んでいて、ふたりの冒険と友情は最大の危機に!?
果たして<シュガー・ラッシュ>と彼らを待ち受ける驚くべき運命とは…。

 

ストーリー

ヴァネロペとラルフは、アーケード・ゲームの世界で暮らすゲーム・キャラクター。見た目も性格も正反対だけど、ふたりは大親友。レースゲーム<シュガー・ラッシュ>の天才レーサーにしてプリンセスのヴァネロペは、好奇心旺盛で新しいことやワクワクすることが大好き。
一方、不器用だけど心優しい悪役キャラクターのラルフは、ゲームの世界の変わらぬ日々を幸せだと感じていた。

ある日、<シュガー・ラッシュ>のハンドルが壊れ、廃棄寸前の危機に!インターネットの世界では何でも手に入れることができると知ったヴァネロペとラルフは、ハンドルを手に入れて<シュガー・ラッシュ>を救うため、インターネットの世界へ向かう。

新しい世界に飛び込んだふたりの前にどこまでも広がるのは、高層ビルがそびえ立つ、カラフルな巨大都市。ゲームの世界しか知らないふたりにとって、見るものすべてが新鮮で刺激溢れる世界だった。戸惑うラルフとワクワクを隠せないヴァネロペは、ほどなくオークションサイトでハンドルを見つけて大喜び。ところが、より大きな数字を言った者が勝つゲームと勘違いして、あり得ないほどの高額で落札し、24時間以内にお金を稼がなくてはならないはめに!

刺激的なインターネットの世界で、<スローターレース>のカリスマレーサーシャンクと出会い、新たな夢を持ち始めたヴァネロペは、この世界こそが自分の本当の居場所なのだと運命を感じていく。一方ラルフは、ハンドルが手に入ったら、親友ヴァネロペと元の世界に戻るのだと当然のように思っていた。次第にふたりの心はすれ違い、思わぬ出来事を引き起こす。

そして、インターネットの世界に崩壊寸前の危険が迫ったとき、ふたりの冒険と友情も最大の危機を迎える・・・。果たして<シュガー・ラッシュ>とふたりの運命は!?

 

「シュガー・ラッシュ:オンライン」公式サイト

子どもと一緒に楽しめる!映画評「ズートピア」

映画評 日を追う毎に興行成績が伸びているボヘミアン・ラプソディは絶対IMAXレーザーで見るべき!


ほな!おおきに!