超魅力的!CanonフルサイズミラーレスカメラEOS RPが3月中旬に発売されます!

CanonからフルサイズミラーレスカメラEOS RPの発表がありました。価格は約16万円と先に発売されているEOS Rと比べて一気にお値打ちになりました。おそらく発売から少し経てば実売価格は12万円程度になると予想されます。

 

EOS RPとEOS Rのスペック比較

EOS RP EOS R
センサー 26M フルサイズ 30M フルサイズ
エンジン DIGIC 8 DIGIC 8
ISO感度 常用ISO100〜40,000/拡張ISO50〜102,400 常用ISO100〜40,000/拡張ISO50〜102,400
連写速度 約5.0fps 約8.0fps
フリッカーレス撮影 あり あり
ファインダー 0.39型 約236万ドット 0.5型 約369万ドット
IS デュアルセンシングIS5段 デュアルセンシングIS5段
シャッター耐久 10万回 20万回
動画 4K24p(コントラストAF) 4K30p
重量(バッテリーあり/なし) 約485g/約440g 約660g/約580g
撮影可能枚数 約210枚(電子ビューファインダー) 約350枚(電子ビューファインダー)
モニター 3.0型/104万/バリアングル/タッチ 3.15型/210万/バリアングル/タッチ

 

EOS Rと比較して見劣りする点は上部の液晶モニターが無くなったことと、ファインダーの液晶が小さくなったことぐらい。画素数はEOS Rが3,030万画素、RPが2,600万画素ですが全く問題ないレベル。

 

バッテリーが小型化されたことで撮影可能枚数はEOS Rが約350枚のところ、RPは210枚と30%ほど少なくなりましたが、よほどのことが無い限り一度に200枚以上撮ることはなく、予備のバッテリーが一つあれば十分なので、小型化はむしろメリットでしかありません。

一昨年にEOS6Dmk2を購入し、このカメラもとっても気に入っていますが、ちょっとしたお出かけの時には重さとサイズがネックとなりコンデジのG7Xmk2で済ますこともあります。しかしながら、今回発表されたEOS RPならちょっとしたお出かけでも苦にならない重さとサイズ。レンズを最近常用しているタムロン35mmF1.8と同じ焦点距離のRF35mmF1.8と組み合わせればコンパクトかつボケ味の美しい写真を撮ることができます。

これから写真を始める方なら、このEOS RP一択と言っても過言ではないでしょう。おそらくこれからはミラーレスカメラが主流になることは間違いなく、そのはじめの一歩として手に取るカメラとしては間違いなくオススメできるバランスの取れた素晴らしいカメラ。

 

 

先着5,000台限定でゴールドモデルが発売されます。こちらのカラーが欲しい方はどうぞお急ぎください。

 

 

まだ、実際に手にとって撮影してはいませんので、細かいフィーリングなどはわかりませんが、写真や実際に触った方の動画などで見る限りはとてもいい感じだと思います。キャシュバックキャンペーンが終わる6月30日(日)までに何とか代金を工面して購入しようと思います。メルカリで要らないもの売りまくろうっと。

ほな!おおきに!