長財布はもう要らない?キャッシュレス時代にぴったりのカード&コインケースはこれ!








今年に入ってからスマホ決済が一気に広がっています。

PayPay、LINE Pay、メルペイなど各社がしのぎを削り20〜70%という破格のポイント還元キャンペーンを実施しています。

これだけのポイント還元は今だけなので、早めに使い倒しておきましょう。

今後も消費税増税に合わせて、10月からはしばらくの間、5%のポイント還元がありますので、間違いなくキャッシュレス決済が主流になります。

日本は残念ながらこの分野でも出遅れており、普及率は20%程度。

韓国は96%、イギリス、中国も60%以上の普及率。

日本は2025年までに40%までに引き上げる目標とのこと。

今年に入ってからは出来る限り現金を使わない生活をしています。

年明け当初は小さな飲食店などはほぼ現金のみでしたが、最近は情報感度のいいオーナーのお店はPayPayを置いているところが増えてきました。

旨くて唸る名店紹介でご案内している空庵も少し前からPayPayで支払いができるようになり、20%ポイント還元の恩恵を受けています。

その他、クレジットカードが使えるところはポイントを貯めるため積極的に使っています。

カード類はマネークリップを兼ねている「the RIDGE」というカードケースに入れて持ち歩いています。



※最新版はクリップの形状が変更されています。
※中国製のコピー品・類似品が出回っておりますが品質が全く違うので絶対に買わないように。
素材はアルミニウムやチタン、カーボンなどがあり、スキミング防止にもなります。

ワタクシが使っているのはチタニウム製のものにカーボンのシールを貼ってカスタマイズしています。

本来お札を止めるクリップはポケットの奥へ落ちないように留めるために使っています。

これが超絶便利で普段は長財布を持ち歩かなくなりました。

万が一の時に使うお札は三つ折りにしてカードの間に一枚だけ挟んであります。

カードの取り出しは半円の切り欠き部分を押せばカードの頭が出てくるので簡単に選ぶことができます。

その他、「コインホーム」というコインケースをポケットに入れて持ち歩いています。

電子決済に対応していない自動販売機はまだまだ多く、やはり小銭が必要な場合はあります。

コンビニがある時ならコンビニで買えばいいのですが、そうではない場合も多々あります。

コインホーム」はコインを種類ごとにそれぞれ5枚までストックできるので、超便利。

1円、10円、100円をそれぞれ2枚ずつ、5円、50円、500円をそれぞれ1枚ずつ合計777円を常時キープするように心がけています。

プラスチック製のため外観が安っぽかったので、カーボン調のシートを貼り付けて使っています。

かなりカッコよくなり、これで小銭を出すとかなり食いつてくれます。この「コインホーム」がきっかけで、とあるラーメン屋の隣にいた女性とその後、飲みに行ったこともあります(笑)

 

この「the RIDGE」と「コインホーム」があれば正直なところ長財布は不要かもしれません。

ただし、まだTPO的にきちんとした長財布を出した方がいいレストランなどもあるので一応プライベートでそれなりのレストランなどへ行く時だけ持っていくために保有してます。

ただし、それもあと数年経てばどうなるかわかりません。

コインホーム」も不要で「the RIDGE」だけで生活できるようになるような気がします。

さらに進めば生体認証技術で何も持ち歩くことなく支払いができるようになるでしょう。

それまでにはまだしばらくかかると思いますので、今回紹介したマネークリップ兼カードケース「the RIDGE」と「コインホーム」を使ってみてください。

ほな!おおきに!

記事が役に立ったらこちらからAmazonを利用していただけると嬉しいです!