優しい味の絶品弁当 旨くて唸る名店紹介「ほしのこ食堂」(和食弁当・東別院手づくり朝市)

旨くて唸る名店紹介シリーズとは・・・
全国各地の美味しいものを食べている筆者の舌をうならせた店のみを紹介するコーナー。値段が高くて美味しいものは世の中にたくさんありますがリーズナブルな値段で満足させてくれる店はそう多くはありません。食べた後に喉が渇かないことも選択基準のひとつ。そういったお店を中心にポツポツ紹介しております。ハードルは相当上げておりますので絶対にハズレはありません。自信を持ってオススメします。

 

 

毎月28日に東別院で開催されている「東別院手づくり朝市」。回を重ねるたびに人が増えています。土日に重なった時は溢れんばかりの人でごった返し、最近は平日でもかなりの人で賑わっています。手づくり朝市は当時の仕事の関係で開催当初から訪れていますが出店舗もどんどん増えて盛り上がっています。


 

店舗の中には毎回出店していて行列ができる人気の店舗がいくつかあります。そのうちの一つが「ほしのこ食堂」。岩倉に店舗がありますが、各地のイベントに出店してお弁当やお菓子などを販売されています。情報はほしのこ食堂のInstagramで発信されています。

先日の東別院手づくり朝市は平日の月曜日にも関わらず大勢の人で賑わっていました。目当てのほしのこ食堂が出店する場所には開店1時間前の9時にも関わらず10名ほどがすでに並んでいました。朝活ネットワーク名古屋に参加したあと、メンバーと一緒に並んでいたので話をしたりして過ごすことができ待つのが苦になることなく時間を過ごせました。

当日、オーナーが名古屋高速の渋滞にハマり大幅に遅刻されました。到着したのが10時過ぎでそれから準備が始まりました。女性ひとりでテントなどを組み立てるのはたいへんなので少しだけお手伝いさせていだだきました。

 

関心したのは時間が遅れているにも関わらず、店構えを普段どおり細かいところまでセッティングされていたこと。南天の実をケースの横やテントに取り付けられていました。正直、なくても販売にはなんの支障もありませんが、こういうこだわりが味に結びついているんでしょうね。

 

開店直前にはおそらく100名近くの方が並ばれていましたが、おそらく半分ぐらいの方しか買えなかったと思われます。

 

お菓子はレモンケーキやガトーショコラ、クッキーなど天然の素材を使っておられます。価格はひとつ380円ぐらいでワタクシがいつも買うお菓子から比べると少々高いのですが、ちゃんとした材料で作るとこのぐらいの値段になると思います。

 

お弁当は一種類のみで1,500円。毎回違うメニューなので飽きることはありません。ボリュームはありませんがどれも優しい味わいで超絶美味しい。

 

今回のお弁当の内容は下記の通り。

◎新米 郡上産 特別栽培米コシヒカリ
◎鰆の幽庵焼き
◎栗南瓜と高山豚ミンチのホクホクコロッケ
◎歩荷さんの平飼い自然卵のだし巻き
◎おから炊き
◎炊き合わせ(さつま芋切り昆布、人参甘煮、肉厚椎茸含め煮、ズッキーニ)
◎蓮根の甘酢
◎紅しぐれ大根の浅漬け

 

特に炊き合わせの肉厚椎茸含め煮とだし巻きが絶品で感動しました。妻にもひとつ持ち帰り、自宅で食べてもらいましたが大喜び。今までで食べたお弁当の中では3本の指に入る美味しさ。

 

またお菓子もどれも美味しそうだったので色々買いました。どれも美味しいですがレモンクッキーと三種のナッツとダークチョコクッキーが唸る美味しさ。

 

11月28日(木)もたまたま仕事が休みなのでまた朝9時からほしのこ食堂前に並ぶ予定。しばらくはこのお弁当にハマりそう。もし、28日に都合がつく方はぜひ東別院手づくり朝市へ訪れてみてください。一応スタートは10時ですが、ほしのこ食堂はじめ人気の店舗は9時ぐらいから並ばないと目的の商品は買えませんので早めに行くことをオススメします。

出店リスト、出店場所などは東別院手づくり朝市の公式サイトからどうぞ。

ほな!おおきに!

記事が役に立ったらこちらからAmazonを利用していただけると嬉しいです!