イオンが発信した接客業のマスク着用問題について百貨店人としての見解と本当の風邪の予防法についてお伝えします

先日、イオンが食品加工担当者など、一部を除いた従業員に向けて、接客時におけるマスク着用は原則禁止するという新方針を打ち出し物議を醸し出しています。

ネットでは批判が殺到し炎上する事態になりましたが、はっきり言って批判している人たちはマスク本来の使い方を知らない人たちばかり。テレビのインタビューでイオン専門店街の従業員が「マスクができないことで予防しきれず、風邪をひきました。」などと言っていましたがマスクで風邪のウイルスを防ぐことはできません。勘違いも甚だしくこの人の健康管理がなっていないのと免疫力が低いだけの話。

マスクは風邪などに感染した人が、周りにウイルスを撒き散らさないようにと着用するのが元々の目的であり、市販の紙やガーゼでできた普通のマスクでは風邪のウイルスやインフルエンザウイルスの侵入を防ぐことはできません。つまり効果はほぼ期待できません。感染した人が咳などをして空中に飛び出したウイルスはマスクを通リ抜けて、気道に吸入されてしまいます。

なので「マスクを禁止されたら風邪の予防ができない!ブラック企業!」と言っている全ての人たちは自分の知識の過ちを露呈してとんでもないクレームをつけていることになります。

ワタクシが勤務している百貨店ではこういった具体的な禁止令は出ていませんが、まず店頭業務でマスクをしている人はいません。店頭でマスクをしている人は本人が風邪を引いて周りに移さないようにしているという場合だけだと思います。

百貨店だけではなく高級ホテルや高級旅館、高級レストランでもマスクをしたまま接客している人に出会ったことはありません。きちんとお客様に対して接客しようと思ったらマスクは邪魔でしかなく接客レベルが高ければマスクをしようとは思わないはず。イオンの従業員でマスク禁止を反対している人はかなり接客の意識とモラルが低いと思われます。

繰り返しますが市販のマスクでは風邪のウイルスや、インフルエンザウイルスの侵入を防ぐことはできません。効果が無いものを着用しても無意味なのは誰でもわかるはず。ネットのクレーマーがいかに無知でいい加減かが今回の事例でわかったのではないでしょうか。最近は何に対してもクレームをつけるネットユーザーが横行していますが、企業はいちいち相手にせず信念を持って最初の態度を貫き通していただきたい。

なお、ワタクシ自身、体調管理には万全の注意を払っておりここ4年ほどは風邪などにかからなくなりました。一度、軽い風邪の症状になりかけたことはありますがなんとか踏みとどまりました。その時はマスクを着用し他の方にうつさないように配慮しました。数年前までは冬場は1〜2回は風邪をひくかインフルエンザにかかって寝込んでいたのですが、風邪予防のいくつかの方法を知ってから風邪を含め病気とは無縁の体質に変わりました。この情報は多くの方に知っていただきたいので紹介します。おそらく万人に効果がありますので、ぜひお試しください。

 

明治「R1ヨーグルト」を每日摂取

明治乳業から発売されているR1ヨーグルト。一時はテレビで紹介され1人2個までなどと制限が付いたこともあるほどの人気商品。これを摂取してから確実に免疫力があがりました。体調もいいし、便通も良くなりました。スーパーの特売で98円、通常は130円前後とそこそこのお値段ですが病気をすることを思えば価値ある投資ではないでしょうか。コンビニにも売っていますが割高なので一週間分ほどをスーパーでまとめ買いしています。このヨーグルトは朝摂取するよりは夜に摂取する方が効果があります。朝は胃酸が多いためR1乳酸菌の効果が弱まるため夜の食事が終わって少し経った頃がオススメ。朝はバナナ、夜はR1ヨーグルトを食べる生活を続けています。ドリンクタイプもありますが効果は同じなのでお好みでどうぞ。

fullsizerender-485

 

アレルシャット ウイルス 対策 スプレー

顔にスプレーするだけ、イオンパワーでウイルスを防ぎます。ウイルスを反発・吸着し、鼻や口をガードします。
アレルシャットの使用と併せて、手洗いやうがい、マスクの着用等の対策を行うとより効果的。潤水成分「ヒアルロン酸Na」を配合しておりお肌にも優しくメイクの上から使え、化粧崩れの心配もありません。気軽に使えて手も汚れないノンガススプレータイプ。
アルコールフリーなので妊娠中の方やお子さまにも安心してお使いいただけます。

 

外出する前には全員必ず顔にスプレーしてから出かけるようにしています。これもかなり効果があるような気がしています。


 

小林製薬「ハナノア」

「ハナノア」は生理食塩水。鼻に注入して鼻うがいをすることにより雑菌が鼻腔から払い出されます。少しでも「何だか鼻の奥がおかしいな」「喉の調子が悪いな」と思ったら速攻「ハナノア」で鼻うがいをします。これについてはスピードが命。遅れるとウイルスが体の内部に入ってしまうのでそうなると手遅れになります。体が少しでも違和感を感じて反応した時にすぐ洗い出すことが重要。自宅と会社に常備してありますので鼻や喉に違和感を感じたら速攻鼻うがいをできる環境を整えてあります。旅行中に違和感を感じたときは少々痛いのですがぬるま湯で鼻うがいをすることもあります。これを知ってからギリギリのところで風邪をひかなくて済んだと思うことが多々あります。

fullsizerender-487 fullsizerender-484


 

消毒用アルコール「ドーバー パストリーゼ77」

ウイルスの大半は手から感染します。誰かが咳やくしゃみをしてウイルスが飛んだ所を手で触ってそれが元で感染することが多いと言われています。それを防止するには消毒用アルコールを常備すること。様々な種類がありますが口に直接入れても大丈夫な天然由来のアルコールがオススメ。色々試しましたが今は「ドーバー パストリーゼ77」に落ち着きました。値段も手頃で効果が高いので5リットルボトルを1つ買えば1年ぐらいは保ちます。どこにでも使えるので気になった箇所にはシュッシュと吹きかけています。決してファ◯リーズは使わないように。化学物質由来のものは善玉菌も殺してしまいますし身体に吸い込むと色々問題があります。衣類や布団、キッチンツールなどもこの「ドーバー パストリーゼ77」で除菌可能。

fullsizerender-483

 

小さなボトルを持ち歩き、外でご飯を食べる前には手にシュッとひと吹きしてから食事をします。今では冬に限らず欠かせないアイテムとなりました。

fullsizerender-486

 

ドーバー パストリーゼ77はアルコール77%の強力な除菌力と、酒造会社ならではの純水使用で極めて純水度が高い除菌スプレー。厚生労働省認可の食品添加物なので食品に直接噴霧でOK。調理に使用する器具や食器、防臭にも抜群の効果を発揮。手指も強力な除菌力でしっかりガード。酒造会社ならではの遺伝子組み換えを行っていないサトウキビ原料由来の醸造用アルコール、純水を使用しているので、口に入っても安心、安全。厚生労働省認可の食品添加物なので、食品への直接噴霧も可能。冷蔵庫のお掃除などにも最適。緑茶抽出物(カキテン)配合で除菌効果も長時間持続。

 


 

葛根湯

葛根湯は漢方の原典である「傷寒論」「金匱要略」に収載の代表的な薬。漢方薬なので化学系の薬品とは違い身体に負担が少なく副作用もほとんどありません。少しでも体調に違和感がある時は即座に飲むようにしています。

風邪薬なのですが予防薬として使っています。肩こり、筋肉痛、手や肩の痛みにも効くと言われておりますがそういった時に飲むことはありません。眠くなる成分は入っていませんので仕事前でも安心して服用できます。年に数回はお世話になっています。


 

ハリーゴールド

上記のものを服用しても鼻や喉に違和感がある場合はさらにハリーゴールドPlusを服用します。栄養ドリンクではありますがエナジードリンクではありませんので飲んだからすぐに元気になることはありませんし、時間が経った後に体調が落ち込むこともありません。

これを飲んだら即座に寝て十分な睡眠を取るようにしています。こちらは年に2回ぐらいお世話になることがあります。どちらかと言えば最後の頼みの綱的な存在。

以上、風邪を防止するためのアイテムを紹介いたしました。どれも欠かせないアイテムですが、予防効果がある順に紹介いたしました。R1ヨーグルトは本当に効果を実感しておりますので超絶オススメいたします。花粉症対策としても効果がありワタクシの場合はほぼ花粉症の症状が消えました。これらアイテムの効果もありますが、筋トレを毎日欠かさずしているのが一番効いているのかもしれません。身体がマッチョになってから確実に免疫力が上がりました。

筋トレを毎日欠かさずするのはかなりたいへんなので万人にはオススメできませんが、R1ヨーグルトを今から摂取し、その他アレルシャットやハナノア、消毒用アルコールなどは風邪が流行る前に揃えておいてはいかがでしょうか。

繰り返しになりますが、マスクでは風邪やインフルエンザウイルスを防ぐことはできませんので予防の効果はないことをお伝えしておきます!

 

ほな!おおきに!

記事が役に立ったらこちらからAmazonを利用していただけると嬉しいです!