どんな凸凹なものにでも接着できる魔法の両面テープ

少し前にFacebookの投稿で何にでも接着できるすごい両面テープがあるということを知り、早速Amazonで探したらすぐに見つかりました。評価数は600を超えており高評価だったものの最近はやらせレビューも多いため念の為サクラチェッカーで検索したところ、99%の確率でやらせレビューだということがわかりました。

ただし、電化製品でもなく価格も安かったので人柱になるべくダメ元で購入してみることにしました。ほどなく届き実物を見ましたが特に問題なく使えそう。

 

この魔法の両面テープは厚みが2mmほどあり弾力があります。そのため多少デコボコした表面でも強力に接着することができます。感触は地震が起こったときの耐震用ジェルが少し硬くなったような感じ。

まずはかなり凹凸のある壁のクロスにフックを取り付けるのに使ってみました。以前、DAISOでフックを購入したのですがデフォルトの両面テープは全くくっつかずタンスの肥やしになっていました。当初貼られていた両面テープを剥がしてこの魔法の両面テープを貼り、壁にくっつけたところガッチリと固定されました。

 

吊り下げるのはティッシュケースなので重量は軽いのですが多少の重さでも耐えられそうな感じがします。また糊残りが発生しないので剥がしたあともキレイなのも大きな特長。

 

他にも壁に穴が開けられないような場所やデコボコがあり普通の両面テープで接着できないような場所には重宝しそうな気がします。もし、そういった用途が思いつく方は購入してみてください。

Amazonより抜粋
※日本語がかなりおかしかったのでかなり修正しました(笑)

【最新魔法両面テープ】
OTOKU新型両面テープは2020年の最先端コンセプトで作られてきた魔法テープ。これはいろんなものをしっかりとくっつける機能をもちながら、煩わしいのりも決して残らず、水で粘性を戻らせる、信じられない魔法テープ。

【粘着性抜群&のり残らず】
OTOKU魔法両面テープは一番高級のアクリルゴム「無毒、変な匂いもなし、リサイクルも可能の最先端素材」を採用します。極密なテクノロジーで作られ、粘着性はものすごく高く、他社の性能を超えています。そして、一番人気なのところはその粘着のりが残らないこと。例え携帯とくっつけてから、外しても携帯をネバネバさせたことは決してありません。

【水で繰り返し&多機能で大活躍】
更にこのテープは水で粘着性を回復できます。水で粉塵などを洗い落とし、テープを乾かせば、またもとの粘着力が戻り、ほぼ無限再利用可能。色んなシーンで大活躍します。日常の家の玄関や台所、客室、洗面所から、オフィス、寮、家電製品の足固定「地震対策」、コマーシャル看板の固定、カーペットの滑り止め、小物収納や置物固定などにご利用いただけます。テープの取るコツは貼った後のテープの隙間に少し水を入れると自然に取れやすくなります。原理はテープの粘着面が水分と接触すると、粘着性がしばらく減ります。取ってから乾かして水分がなくなるとまた粘着性が戻ります。

【対応素材広い&ご利用のヒント】
OTOKU魔法両面テープの性能が高くて、幅広く使われていて、平らな地面からザラザラの壁まで全般対応できます。適用の表面は木製品から、ガラスや金属、タイル、革、大理石、プラスチックなどにはほぼ対応できますが、粉塵だらけの壁と壁紙には向いておりませんので、何卒ご了承をお願い致します。壁紙のご利用である場合、もともと紙製なので、外す時には剥がれる可能性がございます。くれぐれもご注意くださいませ。耐熱温度は最高およそ50℃ぐらいでございますが、長時間の超高温、高湿度の環境でのご利用はおすすめではございません。
乾かし方は物を洗濯バサミなどで普通に吊り下げてから、ベランダで服のように乾かせば問題ありません。

 

価格はタイムセールの時に700円台で提供されますので急いでなければタイミングを見計らってもいいかもしれません。

 

ほな!おおきに!

記事が役に立ったらこちらからAmazonを利用していただけると嬉しいです!