2020年4月現在、zoomの有料プランを申し込む場合は豪ドルで支払うのが一番お得!

外出自粛要請が出てからはリアルでの食事会やセミナーは軒並みキャンセルや延期になりました。飲食店もかなり閉店しているためよほど仲がいい間柄でない限りは接触できないような雰囲気になっています。

ワタクシの場合、ありがたいことにいくつか会社以外のコミュニティがあり、連日zoomでのオンラインセミナーや気の合う仲間とオンライン食事会などに参加しているため全く寂しくないどころか、以前よりも楽しいひとときを過ごしています。

 

今までよく利用していたスカイプやFacebookメッセンジャー、LINEなどのオンラインサービスも利用しましたが、使い勝手や画像の精度、音質の良さはzoomが他のサービスを圧倒しており、他社はしばらくは追いつけないような気がします。

zoomは参加するだけであれば無料で使えますし、主催することも可能。ただし、無料プランの場合、一対一の時は時間制限がありませんが3人以上のグループ通話になると40分の時間制限がかかります。

 

この40分という時間が絶妙な設定で無料で使えないこともないのですが何度か使っていると40分を超えて話したいことが出てきます。一旦切って、再度繋ぎ直せばいいものの、参加者全員にまたURLを告知しなければなりませんので結構な手間がかかります。主催をしているのに30分で時間を区切るのも有料プランをケチっているのがバレバレなので正直かっこ悪いし…。

利用料金には個人レベルでも払える金額なので自分でオンラインイベントを主催するなら有料のプロ版に申し込んでもいいと思えるこちらも絶妙な価格設定。今現在、職場が休業中で自宅にいることが多いためzoomを使う機会も多く、主催して欲しいという声も数多くいただいているので有料プランを検討することにしました。

個人で使うならzoomが推奨しているプロプランで十分。支払いは月額支払いと年間一括支払いの2つがあり、年間一括の方がかなり割安になります。また支払い方法は各国の通貨があり、その時点でのレートによって変動しますが、調べてみたところかなり差がありました。

 

米ドル支払い 14.99$→1,610円
豪ドル支払い 20.99$→1,438円
ユーロ支払い 13.99€→1,620円
英ポンド支払い 11.99£→1,590円
カナダドル支払い 20.00$→1,523円
日本円支払い 2,000円→同じ

 

2020年4月24日現在のレートで一番お得だったのはオーストラリアの豪ドルで日本円換算だと1,438円と1,500円を切っています。日本円支払いの2,000円とは550円以上の差があり相当為替レートが円安に振れない限り2,000円を越えることはないと思います。

 

今zoomを頻繁に使って有料会員の申込みをしようか検討している方は支払い方法を必ず確認してみてください。今すぐ申し込みする場合は豪ドルで申し込みをしましょう。年間一括支払いの場合だと相当お得になります。
なお現時点での為替レート換算ですので、必ずその時点での為替レートをご確認ください。

 

ほな!おおきに!

記事が役に立ったらこちらからAmazonを利用していただけると嬉しいです!