映画もビジネスもこのプロジェクターで十分!「Aladdin Z6 Polar Meets」レビュー

15年ほど前にSONYのプロジェクター「VPL-VW10HT」を購入。当時のハイエンドモデルだったので相当高価でしたが独身貴族だったこともあり清水の舞台から飛び降りてみました。当時の価格が気になる方はこちらからどうぞ。このプロジェクターで映画をたくさん観ましたが結婚して子どもができてからはなかなか映画をゆっくり観る時間もなくなりほとんど稼働しなくなってました。

当時ハイエンドだったモデルも15年経つと今のローエンドモデル同等になっていたこともあり昨年秋に引っ越しした時に撤去しました。ただし、プロジェクターは個人でセミナーをしたりする時にも必要性を感じることもあり、HDMI端子の付いている持ち運びできる小型のプロジェクターを探していました。

Amazonで色々ブックマークしていたしていたのですが、先日Facebookの広告に「popIn AladdinのZ6 Polar Meets」というプロジェクターが期間限定で1万円OFFでセールで出ていました。ブログやYouTubeで調べてみたところ、ビジネスにも映画にも十分な性能でコスパも十分。しかもPayPayモールだと19%ポイント還元になるため実質約4万円で購入できることがわかりその場でポチりました。

では「popIn AladdinのZ6 Polar Meets」の開封の儀とレビューをいたします。

オシャレな箱で届きました。Appleに近いデザイン。

 

本体のほか、ACアダプター、リモコン(電池付)が同梱されています。

 

本体は小型の正方形で重量は973gと超軽量。以前使っていたプロジェクターと比べると価格、体積、重量ともに1/10以下になりました。しかも性能は解像度、明るさ、コントラストとも超えています。いやはやこの手の機械の進化と価格下落は本当にすごい。

 

底面には三脚穴があり、そこに天吊用の器具を装着したり、三脚を立てて使ったりすることができます。

 

サイズをiPhone8と比較してみました。めちゃくちゃコンパクト。

 

以前は専用のスクリーンを使っていましたが、今回は白い壁にそのまま投影することにしました。反対側の梁に天吊で設置。天吊用の器具はAmazonで購入。プロジェクターの重量が軽いので特にこだわりなく選びましたが全く問題なし。


 

電源を入れるとまずリモコンをペアリングします。赤外線ではなくBluetooth接続なのでどこに向けても反応します。リモコンはBluetoothでないと不便極まりない。

 

壁面までのピント合わせは自動で行われ、台形補正もできます。今回は正面に設置できたのでほぼ補正なしでオッケー。

 

 

Wi-Fi、住所、Aladdinアカウントなどを入力し設定完了。

 

 

その場でアップデートファイルをインストールし最新バージョンになりました。

 

Z6 Polar Meetsには様々なメニューがあり、Amazonプライム・ビデオ、Netflixなどの動画サービスのほか、子どもと楽しめるようなコンテンツもたくさんあります。子どもが喜びそうなコンテンツとしては等身大動物図鑑があります。画面に映っているリモコンを実物大のサイズに縮尺を調整すると画面に等身大の動物が投影されます。娘たちは「ライオンとゴリラは迫力ある!」「象ってやっばり大きいんだねぇ」「クジャクは思ったよりも大きい!」とはしゃいでいました。鳴き声や動画も再生されます。動物園ではこんな間近で見ることはないのでいい学びになったみたい。

 

音質のいいHarman / Kardonのスピーカーが内蔵されているため、本体だけでもそこそこ映像コンテンツを鑑賞することが可能。音にこだわる場合はBluetoothが使えるので対応スピーカーを接続すれば映画館のような音場を手に入れることもできます。とりあえず、手持ちのBOSE SOUNDLINKI MINI2を繋いでみましたが十分楽しめました。ステレオ感が無いので音がグルグル回るようなSFXバリバリの映画には向きませんがドラマのような映画なら全く問題ありません。娘たちのリクエストで「ヒロイン失格」を一緒に鑑賞しました。寝転びながらリラックスして大画面での映画は最高!

 

輝度は500-700ANSIルーメンあるため明るさは十分。明暗のコントラストも満足のいくレベル。数十万円のプロジェクターと比べると黒浮きはありますが全く気になりません。解像度はフルハイビジョンなのでこちらも全く問題なし。ドットが気になることもありません。

そしてAirplay対応のため簡単にApple製品と接続することができます。iPhoneの画面を投影したり、Macbookでプレゼンテーションするときでも線を繋ぐ必要はありません。これは超便利。

その他、ヒーリングライトというコンテンツがあり、色んな形のライトと3種類のヒーリングミュージックを選択することができます。最近はzoomで会話するときの背景にこれをつかっていますがヒーリングミュージックが好評。

 

popIn AladdinのZ6 Polar Meets」はワタクシが使う用途としては欠点がなくほぼ満点に近い性能。今のところ欠点らしい欠点はなく大満足。いいタイミングで買えたと思います。

新型コロナウイルスの影響により外出自粛要請が出ており自宅での巣篭もり生活を求められています。買った当初はこれで毎日映画三昧と考えていたのですが子どもが休校中なので教えながら世話をしたり、zoomで色んな方とお話ししたり、オンラインセミナーに参加したり、通信教育をしたり、ウェブ配信のテクニックを学んだり、ピアノの弾き直しをしたりとおかげさまで充実した日々を送っており、なかなか映画をゆっくり観る時間がありません。

今年も年間50本鑑賞予定なのでそのペースを崩さず大画面で映画に耽りたいと思います。プライベートで大画面で映画を観たい、ビジネスでプロジェクターでプレゼンテーションする機会がある方にはこの「popIn AladdinのZ6 Polar Meets」は超絶オススメなのでぜひ検討してみてください!

 

 

持ち運びをしないのであればシーリングライトに取り付けるタイプが便利かもしれません。4/27(月)に新製品が発売になりましたので、そちらでもいいかもしれません。映像の性能はこの「popIn AladdinのZ6 Polar Meets」とほぼ同等なので使い方で選べばいいと思います。

 

ほな!おおきに!