素晴らしい内容なので若者は必読!おじさんも読んどこう!故瀧本哲史氏「伝説の東大講義」が7月6日(月)24時まで全文公開されています!

昨年(2019年)、47歳の若さで急逝された瀧本哲史氏。日本のエンジェル投資家、経営コンサルタントで京都大学産官学連携本部イノベーションマネジメントサイエンス研究部門客員准教授、株式会社オトバンク取締役等を歴任し、これからの日本をリードする一人だっただけになんとも残念でなりません。

編集者の柿内芳文氏が担当編集者として自分にできる「宿題」は何かと考え、『2020年6月30日にまたここで会おう』という本を作られました。この本は2012年6月30日に東京大学の伊藤謝恩ホールにて、瀧本氏が300人の10代・20代を集めて行った「伝説の東大講義」を、一冊の本として完全収録したもの。

この講義の最後に「8年後の今日、2020年の6月30日の火曜日にまたここに再び集まって、みんなで『宿題』の答え合せをしましょう」という約束をされたのですが残念ながら約束は果たされることなく、この日を迎えました。もし瀧本氏が生きていて、現在の日本を見てたらどのように判断したでしょうか。もうダメだから海外へ移住しようと言ったのか、もう少しみんなで変革するよう頑張ろうと言ったのか…。

今回、再集結ではなく柿内芳文氏が6月30日に合わせてサイトを作り、「伝説の東大講義」を全文無料公開したり、講義をオトバンクのオーディオブック(瀧本早口バージョン)にして皆で聴くイベントを開催されています。


早速、「伝説の東大講義」を読んでみましたが素晴らしい内容でぜひ多くの方に知ってもらいたくてブロクを書きました。無料公開は7月6日(月)24時までなのでお早めにどうぞ。

なお、このブログのシェアや読んだ感想をSNSで投稿する場合は #瀧本宿題 というハッシュタグをつけて投稿してくださいとのことなので、インプットだけでなくハッシュタグをつけてアウトプットしてみてください。よろしければ、柿内芳文氏のnoteへのカンパもぜひ。

 

 

第一檄で手に入れた「武器」
★ 奴隷でも、猿でもなく、「人間」になろう。
★ 本を読んで終わり、人の話を聞いて終わりではなく、行動せよ!

 

 

第二檄で手に入れた「武器」
★「正解」なんてものはない。
★ 自分の人生は、自分で考えて、自分で決める。
★ そのための「思考の枠組み」として、リベラルアーツがある。
★ 自分自身を拠りどころとするために、学べ!
★ まずは「言葉マニア」になろう。

 

 

第三檄で手に入れた「武器」
★ パラダイムシフトとは、「世代交代」である。
★ 君と君たちが正しい選択をし続ければ、いつか必ず世界は変わる!

 

 

第四檄で手に入れた「武器」
★ 弱者こそ、「交渉」という名の武器を持とう。
★ 常に「相手の利害」を分析せよ!

 

 

第五檄で手に入れた「武器」
★ 自分の仮説を、試せ!
★ 見込みのある人を、支援せよ!
★ 仲間を、探せ!
★ 目的のために、つながれ!

 

 

ほな!おおきに!