遅ればせながら「フジワラ化学 珪藻土バスマット」を買ってみた。これめっちゃいい!

先日、Amazonのブラックフライデーセールのどさくさに紛れて「フジワラ化学の珪藻土バスマット」を購入しましした。特にタイムセールで安くなっていたわけではなかったのですが、サクラチェッカーでチェックして「合格」になっていた数少ない「珪藻土バスマット」だったのでこれを選びました。購入時の価格は3,000円でもっと安いものもありましたが「安物買いの銭失い」にならないよう確実なものをチョイス。しばらく使ってみてめっちゃ良かったのでレビューがてら紹介します。

※ニトリやカインズの珪藻土バスマットにアスベストが混入しており自主回収になっていますが、このフジワラ化学のバスマットは一切入っておらず安心してお使いいただけます。

お客様各位

他社が製造販売している珪藻土バスマットから、基準値を超えるアスベストが検出されたとの報道がありましたが、弊社が製造販売しているNEW足乾バスマットには、アスベストは一切含有されておりません。外部検査機関においても検査済ですので、安心してご使用ください。

今後とも弊社製品をご愛顧くださいますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

珪藻土は、藻類などが海底や湖底に永年にわたって堆積してできた天然の土。吸水性・断熱性・脱臭性などの機能を有しており、古くから、コンロ(七輪)・ビール濾過材・土壌改良剤・建材などとして、身近なところで使用されいましたがここ最近はバスマットで有名になりました。

珪藻土バスマット」の特長

 

1.珪藻土を主成分とするバスマット。

2.吸水性の高い素材で作られていますので濡れた足のままでのると足裏の水分を瞬時に吸収しサラッとした感覚を得ることができます。

3.天日干しによる殺菌消毒ができるので清潔に使えます。

4.汚れた場合は水をかけながらスポンジでこすって洗えます。

 

 

実際に使ってみましたが、かなり身体が濡れた状態でこの「珪藻土バスマット」に乗っても足元の水分はあっという間に吸収されて足の裏がサラサラになります。乗った直後は足型が付きますが次踏んだ場所は全く足型が付かないほど乾いています。今まで体験したことがない不思議な感覚。

 

それまでは毛足の長いタオル生地のバスマットを使っていましたが使ったあとはカビが生えないように毎回外に干さなければなりません。干したあと風呂場に置くのを忘れて風呂に入り、上がった時に足元になくて妻に「バスマット〜!」と叫ぶことがしばしばありました。一方、「珪藻土バスマット」は使い終わったあとは立てかけるだけで大丈夫なのでそういったことがなくなりました。

今回購入したのは43cm☓55cmで厚さは0.89cmで重量は2.2kg。縁は滑らかに面取りされているので角に触れたとしても安心。もしまだタオル生地のバスマットを使っている方は「珪藻土バスマット」に変えてみてください。利便性が著しく向上します!

 

ほな!おおきに!

記事が役に立ったらこちらからAmazonを利用していただけると嬉しいです!