小説仕立てのお金の自己啓発本!書評「職業 お金持ち」冨塚 あすか著








先日、Facebookの投稿で「職業 お金持ち」という本の存在を知りました。ちょうどキャンペーン中でWebブラウザベースではありますが無料公開されていたので読んでみることに。
※無料公開は2月15日(月)で終了しております。

職業 お金持ち」はお金について書かれた小説仕立ての自己啓発本で、お金に興味のある20歳の女子大生が大金持ちの老人と出会い、お金についての捉え方や思考、接し方などを学んでいき実際に「愛されて幸せなお金持ち」になるまでの物語。今までに色んなお金の本を読んだり、実際にお金持ちの方に会って話を聞いたりしましたが、ほぼ同じことが書いてありましたので真理を突いていると思います。

ワタクシの中でこの本に登場するお金持ちの老人「えびすさま」のイメージは日本一の個人投資家であり竹田製菓の会長だった竹田和平さん。実際に何度もお会いしましたが穏やかで人当たりがよく、本当のお金持ちとはこういう人なんだということを知ることができました。

現代においてはお金は「信用」が形になったものであり、人の役に立ったという情報やエネルギーの対価と捉えています。昨年、世の中の流れがガラッと変わり「地の時代」から「風の時代」になりました。おそらく、今までとは違った働き方や稼ぎ方になっていくことでしょう。

世の中、お金で解決できないこともありますが、多くのことはお金があれば解決できます。お金があれば幸せというわけではありませんが、接し方、使い方によってはより一層幸せになれます。「職業 お金持ち」はそんなことがわかりやすく書かれています。

各章ごとに学びがまとめられておりましたのでご紹介します。知っていてすでに実践していること、知っているけど実践できていないこと、知っているけど目を逸していたことがありました。知らなかったことは少なかったので、そのうちお金持ちになれるかも(笑)

・お金持ち界と貧しい世界のルールは違う
・お金持ち界のルールを採用するには、今までの常識を全て捨てる(疑う) のが近道
・お金持ちには誰でもなれる

・お金持ちも貧乏も、自分で選んだ結果
・貧乏でいるのは、その状態にメリットがあるから
・お金持ちになるなら、「お金のない」自分と決別する宣言をすること

・お金が欲しいのではなく、得たいものは幸せな感情
・お金がなくても幸せにはなれる
・幸せを先取りするのが、今すぐ「幸せなお金持ち」を体感する方法

・お金を稼ぐのは簡単なこと
・お金持ちとそうでない人の差はほとんどない
・稼ぐには、なるべくシンプルな理由が必要

・お金持ちはお金が好き
・貧しさをお金のせいにしているうちはお金持ちになれない
・お金に感謝をすることで、世界の捉え方は百八十度変わる

・貧乏人の悩みの九十九パーセントはお金で解決できる
・お金はなるべく早く稼いだほうが良い
・大切なのはお金じゃない、というのは、お金持ちにのみ言うことが許されたフレーズ

・節約では豊かになれない(金銭面でも気持ちの上でも)節約には限界がある。
・支出を減らすよりも収入を上げるほうが楽だし楽しい

・お金に勝手な意味づけをしない
・心がざわつくお金の稼ぎ方、受け取り方は、自分がそうしたいと思っているもの
・お金を綺麗に受け取れるようになるには、まずお金自体をフラットに見ること

・稼げて愛されて美しい、そんな女性はたくさんいる
・世の中は資産状況別に、いくつかのレイヤーに分かれている
・玉の輿に乗りたかったら、まずは自らが経済的に自立すること

・稼ぎ方は無限にある
・働かなくてもお金は稼げる
・時間を粗末にしてはいけない

・プロと個人投資家は違う
・知識、情報、資金量においては勝ち目がないので、その点においてプロに勝とうとしてはいけない

・楽観的な人は単に何も考えていないだけ
・「良い大学に行って良い会社に入ったら一生安泰」というのは上の世代までの話
・収入源は七つ持つと良い

・やりたいことを叶え、やりたくないことをやらずに生きるにはお金が必要
・お金は自分から動かない
・お金を増やすには、使い手側の適切な指示が必要

・投資は自転車、逆上がり、九九と一緒
・他の誰かができたことが、自分にできないはずはない
・成長曲線は二次関数

・扱うお金の額を増やすには、その金額を実際に使ってみること 。
・使う目安は基準値の三倍
・基準は一度上げたら決して戻してはいけない

・お金はなくならない。
・お金は自分のものじゃない
・正しく使えば何倍にもなって還ってくるが、その形はお金に限らない

・心の貧しい人には、決して近づいてはいけない
・貧乏は感染る
・恨みからは何も生まれない

・お金を自分の管轄外に置いてはいけない
・全ては自己責任
・どんな出来事も、自分次第で意味づけは変えられる

・お金自体に特別な力はない
・お金さえあれば幸せになれる、と思っている人はお金があっても幸せになれない
・お金が望みの全てを叶えてくれるわけではない

・お金持ちは運が良い
・人生の九十五パーセントは運で決まる
・何が起こっても運が良いと言えるようになれば、お金持ちの仲間入り

・成功するなら「でも」「だって」「どうせ」は禁句
・言い訳と責任転嫁はお金持ちに嫌われる
・逃げを封じることで成長スピードは飛躍的に加速する

・付き合いたくない人とは付き合わなくて良い
・振り返る順番はまず自分自身、次に環境
・判断軸は「三年後に死ぬとして、今の環境を選び続けるかどうか

・服装と振る舞いにはTPOがある
・お金持ちと接するときは、決してお金持ち扱いをしないこと
・お金は空気と一緒

・この世にはふたつの世界がある
・お金持ちの世界と貧しい世界は上下に分かれている
・基本的に、貧しい世界からお金持ちの世界へ梯子をかけることはできない

・解脱のボーダーラインは十億円
・お金の稼ぎ方にはセンスが出る
・お金の使い方には品格が出る

・金持ちになると決める
・金持ちになって『何を得るか』を決める
・金持ちへの道のりは、ただひたすらに『決めて・行動する』の繰り返しだよ

・全ては「決める」ことから始まる
・お金持ちになるには、お金持ちになると決めること
・ただし、決めるだけで行動しなければお金持ちになることはできない

・夢は口に出すことで叶いやすくなる
・枠を外す魔法は「十億円あったら何がしたい?」
・お金がなくても叶う夢もたくさんある

・お金ありきの人生は寂しい
・自分の「好き」を叶えることで、自分も周りも豊かになる
・豊かさ、幸せは波紋状に広がっていくもの

・世の中には幸せなお金持ちと不幸なお金持ちがいる
・幸せなお金持ちに必要な三つの要素は「お金」「時間」「仲間」
・三要素のうち一番簡単に攻略できるのは「お金」

・稼ぐ方法は何でも良い
・自分が整っていない状態でお金持ちになることは不可能
・自分の心に正直に、理想の人生を追い求めよう

お金持ちとして生きるにはまず自分自身が楽しく幸せに生きることが大切。その上で他の人を喜ばすことにお金を使うとさらにお金が増えます。自分だけで使うのではなく分かち合うことが何より大切だということがわかりました。それは物質的なことだけではなく情報も同じ。ワタクシがブログを毎日書いているモチベーションのひとつも役立つ情報を分かち合いたいという思いから。

職業 お金持ち」の無料公開期間は終了していますが、購入してもそれだけの価値は十分にありますので、「愛されて幸せなお金持ち」になりたい方はぜひ読んで実践してみてください!

出版社からのコメント

◆フツーの人が、読むだけでみるみる「大富豪マインド」に生まれ変わる!

◆残酷すぎて怖いけど、ストレートで気持ちいい、衝撃のお金持ち小説

◆20歳の女子大生がお金持ちに生まれ変わった、お金持ちだけが知る法則&習慣!

◆「愛されて幸せなお金持ち」になる32の教え

◆当たり障りのない、そこそこ順風満帆な人生。でも、本当にそのままでいいですか?

◆欲しい服も、高級な肉も、ガマンしなくていい!

◆欲しいものはなんでも手に入れられるのが当たり前の人生が叶う!

二十歳、普通の私立大学生、後ろ盾一切なし。家族は投資やお金の話題が大嫌い。周りの友人も先輩も、投資をしている人は誰もいなかった——。

そんな環境でも、【豊かで自由なお金持ち】になることができる、お金持ちだけが知っている「秘密の法則」や「お金に好かれる習慣」とは!?

読むだけで【大富豪マインド】が身につき、いかに多くの人が、そしてあなたも自分自身で「貧乏」を選んでいるのかを痛感する、衝撃のストーリー!

本書の内容の一部(Amazonより)

貧乏は、自分自身で選んでいる
貧乏人の悩みの九十九パーセントはお金で解決できる
節約は貧乏の元、ブスの元
オンナは稼ぐほど愛される
数字嫌い、計算は苦手。投資で勝つにはどうしたらいい?
妊娠、出産、子育て中も本当に働き続けたい?
収入がひとつで不安じゃないのは「感覚」が麻痺しているから
稼ぐ額を増やしたいなら、自分の器を広げよう
本気でお金持ちになりたいのなら、貧乏人は無視しなさい
お金持ちはなぜ「運」が良いのか
「悪魔の口癖」を排除する
お金持ちと貧乏人が永遠に交わらないたったひとつの理由
年収三千万円の小金持ちで終わらないために、注意すべきお金の使い方
お金持ちになるにはまず、お金持ちになると決めること
「幸せなお金持ち」になる三つの条件
一億円は通過点。お金を味方につけて、理想の人生を歩む方法

 

 

ほな!おおきに!

記事が役に立ったらこちらからAmazonを利用していただけると嬉しいです!