Kindle unlimitedの同時貸出数がいつの間にか2倍の20冊になっていた!

AmazonのKindle Unlimitedは一度は解約したものの、やはり利用頻度が高く、確実に元が取れるので再度申し込みして愛用しています。

対象の本や雑誌の種類がどんどん増えているため、結構な頻度で読みたい本がKindle Unlimited内に登場します。

最近では尾原和啓氏のプロセスエコノミーを読みなくなったのでメルカリで検索したものの、あまり値段が下がっておらずAmazonで検索したらKindle Unlimitedで無料で読めることがわかりました。いやはや、危なく買うところでした(笑)。

 

そのKindle Unlimitedですが、以前は同時貸出数が10冊までだったので、ライブラリ内の本を頻繁に終了させて入れ替えをしなければならなかったのですが、先日から同時貸出数が2倍の20冊になり、同時並行でたくさん読めるようになりました。ワタクシだけでなく妻もタブレットで「LDK」などの雑誌を読むので、同時貸出数が20冊になったのはめっちゃ助かります。

 

調べてみたところ、現時点では全ユーザーが20冊借りられるというわけでなはく、特定のユーザーのみの様子。A/Bテストをして実験している最中なのかもしれません。

とりあえず、ワタクシのアカウントは20冊使えているので、さらに便利になりました。いちいち入れ替えをすることがほぼ無くなりましたので、使い方が変わりました。とりあえず、気になった本を入れておいて時間のある時に軽く読んでみて面白ければそのまま読み続ける、つまらなければ終了するという使い方ができるようになり、さらに読書の楽しみが増えました。

もし、あなたが読書家でまだKindle Unlimitedに入っていないのであれば、ぜひ入会してみてください。本だけでも十分元が取れますし雑誌も色々読めますので知識の幅が広がります。

 

 

ほな!おおきに!

記事が役に立ったらこちらからAmazonを利用していただけると嬉しいです!