リアル婚活サバイバル番組『バチェラー・ジャパン』のシーズン4配信開始!ワタクシのイチオシ女性はこちら!








Amazon Prime Videoオリジナルで配信されているリアル婚活サバイバル番組『バチェラー・ジャパン』のシーズン4が先日から始まりました。

今回は初めての試みとしてバチェラーが誰かわからないまま募集開始されたにも関わらず、約1,700人の女性が応募。

その中からオーディションを勝ち抜いた15人が選ばれました。

そして、今回は途中から女性2名が追加されるという摩訶不思議な試みもありましたが、追加された女性がビミョーな感じで一人は即脱落してました(笑)

シーズン4のバチェラーは前回のバチェロレッテで最後の2人まで残った青年実業家・黄皓(コウコウ)氏。

見た目はそんなに背も高くなく、イケメンではないと思いますが、鍛えられた肉体とキャリアは一流。

今回、ワタクシの独断と偏見で17名の中からイチオシの女性、惹かれそうになるけどパートナーには向かない女性、絶対に関わってはいけない女性の3名を紹介します。

1.藤原望未


まずは今回イチオシは鍼灸師の藤原望未さん。

ナチュラルな美人で顔相がよく、素直な感じでパートナーにするには一番だと思います。

まだ2話見終わったところなので、今後、人柄がより一層わかってくると思いますが、ワタシなら迷いなく彼女を選びます。

プロフィール写真よりも動いている本人の方が柔らかくてステキ。

 

2.休井美郷

 

「あざといは、正義」というキャッチコピーがついている休井美郷さん。その通り言動、見た目、すべてが「あざとい」。

ルックスも含めて田中みな実さんに共通する「あざとい」キャラクター。

男はこういう女性が好きですが生涯パートナーにするには不向き。

恋愛するには楽しいと思いますが結婚相手にしてはいけないような気がします。

でも、見抜けない男性多いんですよね…(笑)

 

3.嘉瀬美月

 

なぜこんなに自信満々なのか全く理解不能ですが言動がキレッキレの嘉瀬美月さん。

顔相も含めてワタクシが苦手で絶対に近づいてはいけないタイプ。

ただし、こういうキャラクターはいないと盛り上がらないので、そこそこ残ると思われます。

 

バチェラー・ジャパンは毎回、バチェラーと女性たち、そして女性同士だけの会話やファッションなど、恋愛やパートナー選びに参考になることが多々あり、とても勉強になります。

独身の方はもちろん、既婚の方も観ておくと、色々と役立つと思います。

そして、今田耕司、藤森慎吾、指原莉乃の3人の毒舌トークも楽しみのひとつ。

今回、最後まで残ってバチェラーに選ばれる女性が誰になるのか今から楽しみ。

さて、ワタクシのイチオシ女性は最後まで残るでしょうか…。

ちなみにバチェラーシーズン3では最後まで残ると予想したブドウ農家の岩間さんが紆余曲折はありましたがバチェラーと結婚し、楽しそうに暮らされています。

みなさんも、予想しつつ一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

ほな!おおきに!

記事が役に立ったらこちらからAmazonを利用していただけると嬉しいです!