極上のクラフトビールが楽しめる!美味しくて唸る名店紹介「kobo brew pub」(ビアパブ・富山市)








先日、富山で楽しそうなイベントがあり、参加してきました。

前日の昼過ぎから富山に滞在していたので、友人と合流して、東岩瀬地区を案内してもらいました。

まず、訪れたのが、かつて豪商であった馬場家の米蔵を改装したビアパブの「kobo brew pub」。

 

中は天井が高く開放的で素晴らしい空間が広がっており、梁などはそのまま残されています。

 

中央には大きな醸造タンクが設置されており、インテリアの一部になっています。

 

立ち飲みができるカウンターのほか、杉の一枚板のテーブルがあり、ゆっくりと落ち着いて食事を楽しむことができます。

 

ここまでの長さ、厚さの杉の一枚板のテーブルはなかなかお目にかかれないので、これを見るだけでも価値があります。

 

普段はほぼアルコールは飲みませんが、今回はせっかくなので店主オススメの04のプレミアントピルスナーのグラスをいただきました。

 

ビールは9種類あり、壁にあるビアサーバーから注がれます。


 

4種類の飲み比べセットもあるので、強い方なら、こちらがオススメ。

なお、飲み比べのグラスはサイズがやや小さくなりますのでご安心を(笑)。

 

案内していただいた友人は車の運転があるのでジンジャエールを注文。

透明ではなく濁ったタイプの本格的な自家製ジンジャエール。

 

おつまみとしてイワシのペーストと本格派ソーセージをいただきました。

 

どちらも絶品で、ビールとの相性は最高。

 

やはり、淹れたての生ビールはとてつもなく美味しい!と改めて思いました。

 

店内のインテリアはどれもセンス抜群でカウンターのランプひとつとっても素晴らしいデザイン。

海外製で結構なお値段するとのこと。

 

13時過ぎに伺いましたが、店内には私たちを含めて3組ほどしかいませんでした。

もし、東京にこのパブがあったら、おそらく平日でも満席になってると思われます。

富山の人口は約100万人。

このぐらいの人口規模で、この立地だと平日のお客さんの入りはこのぐらいなのかも…。

ただし、コロナ禍が落ち着けば観光客がやってくるので、そうなればもっと賑わうことになるでしょう。

あと、公式サイトがまだないので、それは必要かなと…。

今後、富山とは何かしら関わっていくような気がします。

というか、こっちで仕事を作ろうと画策してます。

ここのサイトの作成の仕事、請け負えないかな…。

さて、どんな未来が待ってるのかワクワクしてます。

もし、ビールが好きで富山に滞在されるならぜひこの「kobo brew pub」へ!

 

 
なお、名古屋から富山へは「きときとライナー」が片道3,500円とリーズナブルかつ快適でオススメ!

今、日本で一番面白くて魅力ある都市「富山」へ!名古屋から行くには「きときとライナー」がオススメ!


 
ほな!おおきに!

記事が役に立ったらこちらからAmazonを利用していただけると嬉しいです!