ふらっと入ったのに大当たり!美味しくて唸る名店紹介「鴨ときどき馬 浜松町本店」(鴨料理・東京都港区芝大門)







美味しくて唸る名店紹介シリーズとは・・・
全国各地の美味しいものを食べているワタクシの舌をうならせた店のみを紹介するコーナー。

値段が高くて美味しいものは世の中にたくさんありますがリーズナブルな値段で満足させてくれる店はそう多くはありません。

食べた後に喉が渇かないことも選択基準のひとつ。

そういったお店を中心にポツポツ紹介しております。

ハードルは相当上げておりますので絶対にハズレはありません。

自信を持ってオススメします。

 

 

先日、東京オートサロン2023へ行く用事があり、夜はオンラインコミュニティで知り合ったAさんとお食事することになりました。

学生時代にはスノーボードの全日本チャンピオン、JALでファーストクラスのCA、その後、口コミビジネスで最速でトップランク獲得、AI企業の◯◯などを歴任し、今はコミニュケーション帝王学の講師をされたり、いくつもの事業を展開されている華麗なキャリアの持ち主。

当初、行く予定だったビストロが満席で入れず、通り道で外観がとっても良さげだった「鴨ときどき馬 浜松町本店」へ、飛び込みで入ってみました。

 

 

運良く、1席空いており、食事ができることになりました。

人気のコースは、丹波の地で育まれた「京鴨」の鴨肉を、昔から相性が良いとされ、“鴨が葱をしょってくる”とまで言われる葱と合わせた「鴨葱焼き」と「鴨しゃぶ」がメインの料理。

すき焼きもあり、どちらにしようか迷いましたが、まずは一番人気の鴨しゃぶを注文。

【前菜】

京鴨の生ハムの瞬間燻製、かわいい鴨メンチ、鴨皮と深谷葱王のピンチョス。

瞬間燻製は煙をガラスのコップで閉じ込めてあり、その場で、コップを取るという演出。

いわゆる「映え〜」を意識したお料理。

見た目だけでなく、味は、どれも美味しくてお通しで、ここの店は美味しいということがわかりました。

 

【刺身】

青森県産馬刺しと岩手鴨の刺身。馬刺しはとろけるような食感とほんのりとした甘みがあり、メチャうま。

鴨の刺し身は初めて食べましたが、これも絶品。

 

【冷菜】

鴨を使った季節の冷菜サラダ。

バルサミコソースと鴨の相性が抜群。

 

【揚げ物】

鴨のササミのパリパリ揚げ。

柚子塩を付けていただきましたが、ヤバウマ。

 

【温菜】

鴨そぼろの鴨出汁 出汁巻き。

鴨の出汁を使っただし巻き卵が、美味しくないわけがありません。

 

【焼物】

 

ブランド鴨使用の鴨の葱焼き。まずは鍋で鴨肉とネギをこんがり焼き、わさびや塩でいただきます。

ネギはトロトロ、鴨と合わせると本当に美味しくて唸ります。

 

【メイン】

 

ブランド鴨使用の鴨しゃぶ。先程、焼肉をした鍋に出汁を注ぎ、軽くしゃぶしゃぶしていただきます。

鴨肉の脂が適度に混ざり、出汁がウマウマ。

鴨肉はローストもも肉の2種類で、軽くしゃぶしゃぶするだけでいただけます。

葱は「深谷葱王」と「九条ねぎ」の2種のブランド葱を使用し徹底した美味を追求しています。。

いやはや、メチャウマ。

 

【〆物】

蕎麦か、うどんを選べます。二人で、どちらにしようか「せーの」で「蕎麦!」と揃いました(笑)。

最後まで美味しく平らげ、大満足。

これで税込5,000円は価値があります。

二人とも、そんなに飲まず、ビールと炭酸水を1杯ずつ飲んだだけだったので、めっちゃリーズナブルに美味しい食事を堪能しました。

スタッフの対応もめっちゃよくて、さらに味が美味しくなったことも付け加えておきます。

汐留、浜松町周辺で食事をする際は、ぜひ「鴨ときどき馬 浜松町本店」を訪れてみてください。

満席だった店内が帰る頃には、一段落していたので、撮影しました。

 

ほな!おおきに!

記事が役に立ったらこちらからAmazonを利用していただけると嬉しいです!