神社ミッション遂行!壱万円札を賽銭箱に入れてみた。

心屋仁之助氏の著書「一生お金に困らない生き方」で紹介されていた“神社ミッション”。

神社ミッションとは、心屋塾の力生の間では常識になっているミッションのことです。それは神社のお賽銭箱2千万円を入れること。神社はできるだけ人気のないさびれたところを選びます。金額は1万円が基本です。もちろん、それ以上でも構いません。今まで自分が生きてきた人生の感謝を表すとしたら、いくら位か、その金額を目安とするといいと思います。神社が嫌だと言う人は、協会やお寺でもいいでしょう。でも、いずれも見返りが期待できないところがいいと思います。

なぜそんなことをするのかというと、何の意味もない、何の見返りもない、無意味に思えること、どう考えてもそんなことにお金を使うのが目的だからです。神社にしたのは、日本人なら多少なりとも神社的なもののお世話になってるかなと思ったからです。そしてできるだけさびれたところ、と言ったのは、ご利益がなさそうなところを選んで欲しかったからです。

1万円も!お賽銭箱に!それもさびれた神社に!

ありえないでしょう!そんな無意味なこと、無駄なこと、そんなことに大事なお金を1万円も使いません。
そう思った人。あなたは、よく言えば「お金を大事にしている」人です。でも、悪く言えば、損したくないだけ。お賽銭箱に助言しか入れないくせに、あれもこれもとお願いする人です。そんな「あり方」をぶち破るのが神社ミッションです。

この本を読んでから半年以上経ちますが、この神社ミッションはずっと実行できずにいました。どうしてもお賽銭に1万円なんて…という観念を振り払うことができずにズルズルと今に至っていました。この本で心屋氏が書いていることはよくわかるものの、こんなことをして本当に意味があるのか?と、この件に関してはなかなか身動きが取れませんでした。

今回神社ミッションを遂行できたきっかけはいくつかあります。一つ目はジュエリー関係の仕事をされていてお金に困らない生き方をされている方に神社ミッションのことを話したところ、「それは全然ありでしょう。世の中意味のないこと、無駄かもしれないことに投資するといつの日か不思議と数倍〜になって戻ってきます。もちろん、すぐに戻ってこないこともありますけど」と。この方はお弟子さんを何人も抱えており、その方々の給料、住み込みの住居費用なども払っていて成功するのはそのうちの一握り。最初から無駄だなと感じることもあるみたい。でもその一握りの方が大きなリターンを持ってきてくれるとのこと。この方が神社ミッションについて間違ってないというならやってみようかと思いました。

二つ目は人生のメンターと仕事の悩み、お金の悩みを話した中で、「お金に囚われていると人生しんどい。今より5万円あれば、10万円あれば楽なのに…と思うでしょ。でも実際増えたら、あと5万円、10万円あれば…とキリがない。年収800万円の人も1,000万円の人も足りないと思っている人は足りないし、500万円でも足りていると感じている人は満足して幸せに暮らしている。お金がないと思い出すと入って来ないから気をつけて」と。確かにここ数年給料は大きく増えてもいないし減ってもいません。ただお金に困っていない時期もあれば、ここ最近のようにお金が足りないと感じることもあります。おそらくは実際に使うかどうかというよりは心の持ち方なような気がしました。

そこで心に浮かんだのが少し前に読んだ「一生お金に困らない生き方」に書いてあった“神社ミッション”。今こそ1万円をさびれた神社の賽銭箱に入れるタイミングだと思いました。ご利益がなさそうな寂れた神社を思い浮かべたときに真っ先に出てきたのが妻の実家のすぐ近くにある某神社。畑の真ん中にあり、参拝客がいたことはありません。鳥居と祠はありますが、お世辞にもご利益がありそうな感じはしません。まさに神社ミッションをするためにあるような神社。

畑の真ん中にあります。本当に小さな神社。
img_7924

img_7934 img_7932

他の参拝客と会ったことはありません。いつも静か。唯一元旦だけは人がいます。
img_7933

祠の中に賽銭箱はありますが、ガラス戸があり普段は閉じています。
img_7931

神社ミッション遂行のためガラス戸を開けて、お賽銭を用意。
img_7930

今回は本の通り1万円を入れることにしました。

img_7927

1万円あれば美味しい寿司がたらふく食べられるな…とか、高級鉄板焼ステーキが食べられるな…とか、◯◯が買えるな…とか色々考えてしまいます。間際になって「やっぱり、止めようかな。こんなことして妻が知ったらどう思うかな」とか遂行しない理由を並べてしまいました。でも、ここまで来たからにはと心をフリーにして思い切りました。

fullsizerender-448

静止画では入れる直前で止めていてもわからないので、動画を撮りました。

入れたあとは何だかスッキリ!「1万円、勿体なかったなぁ」とは思いませんでした。1万円ぐらい何とかなるかなと。こういう思考を養うためには神社ミッションはとてもいいのだと、半年以上かかりましたが、やっとわかりました。

まだ入れたばかりで、今後どういった流れがやってくるかはわかりませんが2ヶ月後ぐらいに状況を報告いたします。

ほな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です