「デジタル達人の超愛用品」で何人も共通して使っているグッズを紹介します

flick!特別編集の「デジタル達人の超愛用品」で各界のデジタル達人のバッグの中身やデスク周りを大公開しています。デジタルガジェット大好物の筆者としては興味津々の内容。

 

スマホ、パソコン、ケーブル、モバイルバッテリー……達人たちの超愛用品をご紹介!今やスマホを持っていない人はほとんどいません。パソコン、タブレット、それらを活用するためのモバイルバッテリー、Wi-Fiルーター、ケーブル……それらの周辺機器、それらを収納するためのバッグ……などなど、身の回りにはデジタルデバイスがいっぱい。デジタルの達人たちは、どんな製品を選んで、どうやって連携させているのか?上手に使えば、あなたの生活はもっともっと便利になります。そんなデジタルの達人たちの、愛用品、バッグの中身を数多くご紹介。さまざまな実例に基づくデジタルデバイスの活用術をご紹介します。

 

このムックを読んでみて何人も重なっているグッズがいくつかありましたのでそれらを紹介します。

富士通PFU スキャナー ScanSnap iX100

持ち運び可能なモバイルスキャナ。筆者も愛用しておりA4までの資料はとりあえずこれに通して処分してします。Evernoteに保存してありますので検索すればすぐ目的の資料が見つかりペーパーレスが実現します。これとiPhone、iPadの組み合わせは最強。

 

BOSE QuietComfort 20

筆者も愛用しているノイズキャンセリング機能を搭載したイヤホン。逆相違の音を発生させることにより騒音を消します。威力は抜群で特に一定の雑音には効果絶大。新幹線はほぼ無音になり、飛行機のエンジン音はほとんど気にならないレベルになります。高価なので買うまでにかなり迷いましたが買って良かったと大満足しているグッズのひとつ。電車通勤や出張が多い方には絶対おすすめ。ノイズキャンセリングイヤホンは色々ありますが、このイヤホンが音が良く一番高性能。

 

リコーTHETA

360度撮影できる全天球カメラ「リコーTHETA」。筆者もTHETA SC発売直後に購入し活用してます。ワンショットで全方位撮影できるのは本当に素晴らしい。プライベートで家族写真を撮影したり、仕事で売場の風景を撮影したり大活躍しています。予想していたより多くの方がこのTHETAを使っておられました。一度使うとこれほど便利なカメラはないのでクチコミで広がっているのでしょう。ボディがコンパクトで持ち運びしやすいのもひとつの理由かも。今年はVR元年とも言われており、これからますます普及するのは間違いありません。静止画の画質は必要十分、動画はやや画質が粗いですが雰囲気を味わうにことはできます。専用アプリの使い勝手も良く、ストレスなく撮影してiPhoneに取り込むことができます。プレイステーションVRでこの映像を見ると実際にその場にいるような錯覚を覚えます。小さな子どもがいる家庭はもちろん、よく旅行へ行く方や仕事が建築や小売り関係の方には超おすすめのカメラ。

 

ひらくPCバッグmini

少し前に大ヒットした「ひらくPCバッグ」。一時は生産が追いつかないほどの人気で実際に私の周りでも何人か使っている人がおられます。その後追加されたのがワンサイズ小さい「ひらくPCバッグmini」。13インチまでのノートPCが入ります。「ひらくPCバッグ」は少し大き過ぎて見送りましたが、この大きさはオシャレかつ実用的。今回の記事を見て欲しくなりました。ナイロン×ポリエステルのファブリック素材とレザー素材があり価格は倍違います。長く使うのであればレザーの方がいいのですが価格が価格だけにどちらにしようか思案中。表参道にショップがあるので、実際に実物を見てから決めるつもり。

ひらくPCバッグmini公式HP

今回、この雑誌を読んで実際に購入しようと思ったのは上記の「ひらくPCバッグmini」と「よしみカメラのカメラネジ付き吸盤」の二つ。すでに持っているものや、あったら便利だろうなというレベルのグッズがほとんどだったのでお財布へのダメージは少なくて済みました(笑)

上記で紹介した3つのデジタルグッズは本当にオススメなので、持っていない方はぜひ購入してみてはいかがでしょうか。後悔することは絶対にありません。むしろ「なんでもっと早く買わなかったんだろう」と思うはず。

 

ほな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です