2017年10月8日(日)に開催された熱田区 区民まつりに行ってきた

10月8日(日)に白鳥公園で開催された熱田区 区民まつりに行ってきました。熱田区民になってから12年経ちますが、初めての参加となりました。子どもが小さい時はなかなか足が向かず、少し大きくなってきたら、ちょうど同じ時期に幼稚園の運動会があり、タイミングが合わず。今年、娘が二人とも小学校に上がって運動会が春になり、予定が空いたので参加することに。

 

区民まつりでは様々なイベントがあり、我が家のメインは「お絵かきバス」という名古屋市バスの側面にお絵かきができるイベント。子どもたちがバスの側面に絵を描き、そのバスが市内を走り回る大人気イベント。10時スタートなのですが、毎年行っている友人に聞いたら、一巡目に入ろうとしたら朝8時過ぎには並ばないと間に合わないとのこと。というわけでお友達のお父さんと二人だけで朝8時から並びました。すでに3組並んでいる方がおりましたが、8時30分ぐらいに並べば一巡目に入れそうで、場所を選ばないのであれば9時10分ぐらいまでに並べば先着人数には間に合います。この日は10月とは思えない暑さで日向は汗が吹き出てくるほどの暑さ。最初はまだ良かったのですが日が昇るに連れ炎天下に。娘たちは9時45分に到着、そろそろ暑くて体力の限界かと思った頃に10分前倒しでスタートしました。

 

お絵かきバスのポイントは車両の左側を選ぶこと。日本の道路は左側通行のため、歩道から見えるのは左側になります。右側は対向車などでなかなか見えないため、描くなら左側がオススメ。さらに絵がたくさん並んでいるため、わかりやすい場所に描くのもポイント。今回はバスの一番後ろに描くことにしました。これなら一発でどこに描いたかわかります。経験者のアドバイスは助かります。

 

参加賞として名古屋市交通局のノベルティグッズをいただきました。男の子は喜びそうですが我が家の女子はあまり食いつかず(笑)

 

30分ほどで絵を描き終え、スタンプラリーをすることにしました。ガラポン抽選のため、早めの時間にしておかないと大行列に巻き込まれるとのことだったので、先に済ませました。ただし、1等のゲーム機は早い段階で当たると盛り上がらないため、終了寸前にしか当たり玉が入れられないため午前中は絶対当たりません。1等を当てたいなら行列覚悟で終盤に並びましょう。おそらく14時半ぐらいに当たりがでるはず。

 

今年は熱田区になってから80周年の節目のため、イベントが大掛かりに開催されていました。お絵かきバスの横では警察や自衛隊が参加しており、パトカーや白バイ、災害救助車両ウニモグなどが展示してありました。その他、地元企業のブースがあり投げわやクイズなどに参加すると様々な景品が貰えました。長女は某ブースで1等のキネティックサンドのパチもんが当たり大喜び。その他は駄菓子とか雑貨とかあまり大したものはありませんでしたが嵩張るため、大きめのマイバッグは必須。忘れずに持っていきましょう。

 

会場内には名古屋コーチンの焼き鳥、玉せん、焼きハマグリ、みたらし団子、五平餅、焼きそば、わらび餅などの屋台が出ているので、そこそこお腹を満たすことができます。ちょうど木陰のベンチがあり、そこで軽くランチを済ませました。お弁当を持っていってもいいかもしれません。

 

食後は竹製水鉄砲製作体験に参加しましたり、ステージのイベントを観たりして過ごしました。ステージイベントは近くで見ると夢に出てきそうな熟女のベリーダンスや売れない地元アイドルDELAの歌とトークショーなど、なかなかB級な感じである意味楽しめます。14時過ぎに暑さでバテてきたので、出店していた店で梨を買って帰宅することに。例年通り涼しければ、もう少し居ても良かったのですが、大人には暑すぎました。

 

幼稚園から小学校ぐらいまでのお子さまがいる方はもちろん、そうでない方も1日楽しめます。熱田区民でなくても参加できますので、名古屋市内にお住まいの方はぜひ来年参加してみてください。なお、駐車場はあっという間に満車になりますので、公共交通機関をオススメいたします。

ほな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です